開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Pendo.io Japan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/11/26

技術文書

ホワイトペーパー
プロダクトマネジメントリーダーの活動・意識調査:日本と海外の違いも浮き彫りに
製品・サービスをユーザーに「喜ばれる」「役に立つ」ように継続的に改善することで成長を目指す考え方が「プロダクト主導のアプローチ」だ。DXの取り組みによりあらゆる製品・サービスにデジタル技術が組み込まれるようになったいま、新たな成長戦略として注目されている。そこで本資料では、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、そして日本のプロダクトマネジメントのリーダー達の活動を詳細に調査し、その意識や取り組みの実態、国による違いを7つのポイントでレポートしている。それによると、日本のリーダー達は顧客中心主義だが、データ活用の点では海外より劣るという。製品・サービスの開発に関わる個人・組織にとっては、自らの活動を海外と比較できる貴重なレポートとなっている。
ページ数:22ページ
内容(一部抜粋)
●プロダクトリーダーシップ調査とは
●日本企業のDXにおける部門横断コラボレーション
●プロダクトリーダーのデジタル導入における説明責任
●顧客、データ、フィードバックのループからのインスピレーション

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!