開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/02

導入事例

ホワイトペーパー
SUBARU 事例:クラウドを活用して運転支援技術向け AI の研究開発をどう加速
自動車メーカーの SUBARU は、より高度な運転支援を可能にした「アイサイト」で一躍注目を集めた。だが、2010年代後半から海外勢を中心に盛り上がりつつあったディープラーニングの活用に向けての研究開発を開始する。同社はオンプレミスの開発環境の一新なども検討したが、新しい機材の導入には時間と手間がかかり、現場が求めるスピード感での開発が難しいという課題があった。そこで、高速に AI のモデル開発や機械学習の演算を行うことができるクラウド プラットフォームの活用を決定。2020 年12 月には AI 開発拠点「SUBARU Lab(スバルラボ)」を開設し、アイサイトの研究開発を加速させている。本書は、同社がどのようにクラウドを AI 開発に活用しているかを解説する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●クラウド プラットフォーム活用に着目した理由
●Google Cloudをどのように活用
●今後の展望について

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!