開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ユニリタ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/03/28

技術文書

ホワイトペーパー
DXに必須のデータ活用、その第一歩となる「データ活用」ツールの特徴と選定のポイント
DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組むことが多くの企業で経営課題となっており、データを活用して新たなビジネス価値を生み出すことが急務だ。そのためには、これまでサイロ化されたシステムで分断されていたデータを、より利活用しやすいよう各システムを連携させるデータ連携基盤を整備することが有効だ。本書は、DXの第一歩としてデータ連携基盤を構築するためのポイントが紹介されている。データの抽出(Extract)、変換(Transform)、格納(Load)に特化したETLツールと、周辺ツールとしてのEAI(Enterprise Application Integrator)やBI(Business Intelligence)・DWH(Data ware House)、RPA(Robotic Process Automation)の特徴やそれぞれを選択すべきケース、ツール選定のポイントなどが紹介されている。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●ETLツールと周辺ツールの比較表
●ETLとEAI、BI・DWH、RPAはどう違うのか
●DXの第一歩はシームレスなデータ連携基盤の整備

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!