開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/14

技術文書

ホワイトペーパー
ストレージコスト9,700万円削減、コストがかかる「容量拡張」を回避した方法とは
企業が保有するデータが増えていく中、ストレージの容量拡張にかかるコストや、複雑化した環境でのストレージ管理にかかる負担など、ストレージにまつわる課題がいくつも生じている。その主な理由として、ストレージの仮想化機能が限られているか、もしくは存在しないことでダウンタイムが発生し、ビジネスに影響を与えてしまうことにある。本資料は、これらの課題を抱えていた5社の企業がオールフラッシュストレージを導入したことでいかに課題を克服し、どのような成果を得られたのか調査結果をまとめている。
ページ数:5ページ
内容(一部抜粋)
●企業が抱えるストレージの課題
●オールフラッシュストレージ導入の成果
●大幅なコスト削減

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!