イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2024年 05月 24日 ステータス 表示順 開催日順

398

並び替え

表示件数

【概要】 情報収集や資料作成にも生成AIが活用されるようになってきました。しかしながら、真に“伝わる資料”を作成するには人の介在が欠かせません。 「企画や提案がうまく通らない…」「顧客によくわかってもらえない…」等という場合、多くの方は資料のまとめ方やプレゼンスキルを学ぼうとします。しかし、資料にはその中身・内容と見せ方・伝え方の両輪があり、どんなに見せ方・伝え方が上達しても、中身の情報が的確で説得力のあるものでなければ意味はありません。インターネット検索をすると瞬時にあらゆる情報が手に入る時代ですが、実は“情報の集め方”をきちんと学んだ経験を持っている人は多くはないでしょう。 本講座では、マッキンゼーでの勤務経験や日本能率協会総合研究所で情報提供サービスやコンサル業務を行っていた講師が解説いたします。前半に情報収集と集めた資料を効果的な資料にまとめていくまでの考え方、後半に情報の見方をフレームワークを活用した手順を説明し、トータルで情報収集スキルと資料作成スキルの向上を目指していきます。 ※本セミナーは2023年5月11日開催のセミナー「人気講座!マッキンゼー流の説得力と信頼感を高める情報収集&資料作成術」をアップデートしたものとなります。 【本セミナーで得られること】 ・的確な情報の集め方・見極め方 ・アクションに繋がる資料の考え方と作り方 ・資料の説得力と信頼性が高まるポイント 【推奨対象】 業界・職種・役職・年齢問わず、情報収集と資料作成術を身につけたいすべての方。 初級~やや中級レベル 【セミナー詳細】 1.生成AIに情報調査を任せられるか 2.的確な情報を効率的に収集する (1)情報収集には手順がある (2)情報収集成功のカギはプランニング (3)内容を見極めるポイントは「情報源」 (4)情報の的確性はケースバイケースで異なる 3.情報の価値を高める使い方 (1)分かりにくい資料の要因は情報量の多さ (2)重要なのはインパクトより分かりやすさ (3)プランニングとフレームワークで論理的な構成 4.資料の説得力と信頼性のポイント (1)目的はアクションに繋がること (2)「伝える」=相手に「伝わる」ではない (3)「あなたの資料は信頼できる」と言われるために 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/05/27(月)13時~2024/06/03(月)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

5月24日(金)に開催するWebセミナーのお知らせです。 Salesforceから請求書、見積書、作業報告書など帳票出力をしたいけど、帳票ツールは専門性が高くて担当者がいないと無理!と考えている方は多いのではないでしょうか。 本セミナーでは、Salesforceユーザ様、またはSalesforce導入をご検討中のお客様を対象に、Fleekformを使ってSalesforceから簡単に見積書や請求書を作成・配布する方法をデモを交えてご紹介いたします。 ■こんな課題を抱える方におすすめ! 「Salesforceの情報を使って請求書や見積書など帳票作成したいがやり方がわからない、難しそう」 「Salesforceで思い通りの帳票デザインができない」 「帳票作成・配布にかける時間と工数を削減したい」 また、「見積書作成時にワークフローを回して承認印を差し込む」などの一歩進んだ使い方や、オンラインストレージサービス「Fleekdrive」との連携を事例を交えて詳しくご紹介いたします。 ぜひご参加ください! ■プログラム ・Salesforceで帳票は面倒、難しいとお思いではありませんか? ・キーワードは「簡単導入」と「Excelで作成・出力」 ・「Fleekform」だけが実現できる帳票運用 ・デモ:オーバーレイ作成から出力までを実演にてご紹介 ・ケーススタディご紹介 ・「Fleekform」の機能 ・オンラインストレージサービス「Fleekdrive」との連携 ・トライアルご案内 ■主催 Fleekdrive ■日程・会場 【開催日】2024年5月24日(金) 11:00?11:30 【場所】オンライン開催 ※お申込み後に参加用のURLのご案内をメールにてお送りします。 【費用】無料(事前登録制) 【定員】100名

ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 マリブジャパン 代表取締役 事業構想大学院大学 客員教授 高橋 克英(たかはし かつひで) 氏 【重点講義内容】 2024年5月より、JR東日本グループは、デジタル金融サービス「JRE BANK」を開始します。ネットでの口座開設により預金や住宅ローンなど銀行サービスを提供することで、「JREポイント生活圏」の拡大を目指しています。 「移動情報」と「購入情報」に加え、「決済情報」を得ることでJR東日本グループのビジネスプラットフォームが目指す方向性を明らかにします。また、既存の銀行や金融DX企業、Eコマースだけでなく、交通業界や不動産や小売り企業などに及ぶが影響や変化についても解説します。 1.JR東日本グループがデジタル銀行設立  (1)JRE BANKが銀行サービスを開始  (2)交通サービスと金融サービスの融合  (3)楽天銀行との協働による異業種銀行  (4)首都圏3000万人市場のポテンシャル  (5)Suicaを軸とした更なる拡大策  (6)「JREポイント経済圏」の拡大を目指す 2.「交通×金融」による事業展開のインパクト  (1)経営ビジョン「変革2027」とは  (2)「移動情報」「購入情報」に加わる「決済情報」  (3)既存銀行や金融DX企業への影響  (4)JAL、ヤマダ、高島屋、続々誕生する異業種銀行  (5)東急や京王など鉄道会社への影響  (6)不動産・小売り企業等への影響  (7)JR東日本のビジネスプラットフォーム拡大による事業展開 3.質疑応答

2014年から毎年実施している当社の「新入社員アンケート」。 10年にわたって新入社員の傾向を定点観測している本調査ですが、 今年も24卒新入社員へのアンケートを実施します。 本セミナーでは、過去の傾向と比較した経年変化などにも言及しつつ、 アンケート分析結果から見えてくる今年の新入社員の「傾向」や、 「対策」としての育成ポイントをお伝えします。 会社の成長のカギは、新入社員の成長にあり。 新入社員を迎えた企業の人事責任者、教育担当者の方は必見の内容です。 新入社員の成長を促すヒントをぜひお持ち帰りください。 *例年お申し込みが殺到する人気セミナーです。ぜひお早めにご予約ください ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. アンケート調査結果 2. 新入社員の成長を引き出すポイント 3. まとめ *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・個人データの第三者提供と、委託、共同利用等の違い、  第三者提供時の確認・記録義務、外国にある第三者への提供等 ※基本的なルール全般や安全管理措置については当機構の別セミナーをご利用ください 【対象】はじめて個人情報保護に取り組む人事、総務ご担当者様、     個人情報保護についての理解が必要な事業責任者様、経営者様 【定員】各回とも 10名様まで 【利用ツール】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より 長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 2022年4月の改正で個人情報保護法の法定刑が大幅に引き上げとなる等、 個人情報保護の重要性がより高まっています。 個人情報保護法では様々なルールが定められていますが、その中でも 「自社が取得した個人情報を、他社等にわたす」ということを実施する 場合には、やや複雑なルールがあり注意が必要と言えます。 その場合、そもそも「提供」に該当するのか、提供となる場合は 「第三者提供」なのか、「委託にともなう提供」や「共同利用」なのか、 といった場合分けが重要となります。 本セミナーでは、「はじめて個人情報保護に取り組む方」向けに、 第三者提供、委託等の場合分けの考え方やルールにフォーカスをあてて 分かりやすくご説明します。 「第三者提供、委託、共同利用の違いがわからない」 「クラウドサービスの利用が第三者提供になるのか確認したい」 「組織や事業で個人情報の他社にわたしているが問題がないか確認したい」 といったお悩みをお持ちの皆様にお役立ていただける内容です。 個人情報保護への取り組みの最初の一歩として、お気軽にご視聴ください。

5月24日(金)に開催するWebセミナーのお知らせです。 2023年10月、いよいよインボイス制度が施行されました。 まだしばらくは様子を見たいので対応していない、制度の対応は済ませたものの今のやり方で問題ないのか不安など、それぞれのフェーズでお悩みは尽きないのではないでしょうか。 本セミナーでは、インボイス制度および適格請求書のポイントを解説するとともに、Fleekformが考えるインボイス制度への対応方法と、適格請求書の作成フローについてデモを交えてご紹介します。 現在お使いのExcelファイルをそのまま活用頂くこともできますので、上手に活用してスムーズなインボイス制度対応を実現できます。2024年1月1日から始まる電子帳簿保存法と合わせた対応についても解説します。 ■帳票のこんなお悩みを解決します ・Salesforceを利用しているがインボイス作成に活かせていない ・制度に対応したものの手間が掛かったまま帳票作成を続けている ・工数削減したいが結局納得いく方法を見つけられていない ■プログラム ・インボイス制度について(概要) ・インボイス制度で求められる適格請求書について ・Fleekformについて ・Fleekformで実現するインボイス制度対応 ・オンラインストレージサービスFleekdriveとの連携 ■主催 Fleekdrive ■日程・会場 【開催日】2024年5月24日(金) 14:00~14:30 【場所】オンライン開催 ※お申込み後に参加用のURLのご案内をメールにてお送りします。 【定員】100名

防衛装備庁が「防衛産業サイバーセキュリティ基準」を整備し、令和5年度の契約から移行期間を最長5年に設定して適用すると通達しています。 防衛省や防衛装備庁と直接契約を結ぶ企業に加え、サプライチェーンに含まれる企業での準拠も求められるため、特に階層が多い製造業では、広い範囲の企業に影響すると見られています。 同サイバーセキュリティ基準が米国で国防総省が調達要件とする、NIST SP800-171を参考にしていることから、この基準への準拠に関する情報を求めて、大手製造業の企業様などから米国での主要なサイバーセキュリティ分野で先行する取り組みをしてきたパートナー企業をもつ弊社にお問い合わせをいただく機会が増えています。 今回のWEBセミナーでは、NIST SP800-171の要求事項を確認し、これまでのご相談を通じて提供してきた要件への適用方法を紹介します。 防衛産業サイバーセキュリティ基準への準拠を図っている方や、関連情報を収集されている方々にとって特に役立つ内容なので、ぜひこの機会にご参加ください。 ※以下の日時で同内容のセミナーを開催いたします。  2024年5月28日(火) 15:00~15:30

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・セキュリティの観点でのオンプレミスとクラウド(SaaS)の違い ・クラウドサービス(SaaS)のセキュリティで気を付けるポイント ・クラウドサービスの責任共有モデル 等 【対象】組織のコンプライアンス担当者様、教育、研修担当者様、     SaaS利用時のセキュリティ対策ができていないシステム管理者様、     セキュリティリスクについて把握が必要な経営者様他 【定員】各回とも 10名様まで 【形式】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より 長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 組織が利用する業務システムの多くがオンプレミス型からクラウドサービスに 置き換わりつつあります。 データの保管・共有、顧客管理(CRM)、会計処理、人事管理等、様々な領域で オンラインストレージ、グループウェア、クラウドCRM 、クラウド会計ソフト等が 普及しており、それらを全く利用していない組織は少ないのではないでしょうか。 コスト、利便性、メンテナンス性等における優位性からあっという間に普及した クラウドサービスですが、インターネットに接続して利用するという性質から 発生するセキュリティ上のリスクもあります。 またサービスの設定について、サービス提供者側と利用者側の間で責任を持つべき 範囲の認識にずれがあると、必要な対応がなされず重大なリスクが生じかねません。 本セミナーでは、クラウドサービス利用時のセキュリティ上のリスクと対策に フォーカスを当ててご説明いたします。 「クラウドサービスを導入したがセキュリティ面のことが考えられていない」 「クラウド利用時のセキュリティ対策について、まず注意するべきことを知りたい」 「個人情報保護法のガイドラインにクラウドに関するセキュリティの事例がないので  対策を知りたい」といったお悩みをお持ちの方にお役立ていただけるセミナーです。 どうぞお気軽にご視聴ください。

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 PwCコンサルティング 執行役員・パートナー/博士(工学) 渡邊 敏康(わたなべ としやす) 氏 PwCコンサルティング テクノロジー&デジタルコンサルティング シニアマネージャー 南 政樹(みなみ まさき) 氏 【重点講義内容】 いまやデジタルテクノロジーは産業基盤として欠かせないが、このことは今後創出される新しい産業にも言える。たとえば、宇宙産業では、NTN(Non-Terrestrial Network)が地球上から宇宙空間までの空間をカバーするデジタル通信基盤として構想され、さらに地上と同様にデータセンターやクラウドサービスまで検討が進んでいる。地球上から宇宙までの空間にデジタルインフラ整備されることを考えると、すべての空間を対象とする空間コンピューティングがSociety5.0として構想されたスマート社会を包含する存在となる。 本セミナーでは、宇宙・空間産業を包含するサイバーフィジカルシステムを事例とし、今後デジタル化されるフィジカル空間でどのようなビジネスや産業が展開されるか、またそのような時代に想定される、地球から宇宙を支えるデジタルインフラと宇宙から地球を支えるデジタルインフラの双方がどのように変化していく、その可能性について議論する。 1.空間コンピューティング 2.NTN(Non-Terrestrial Network) 3.空間ID 4.4次元時空間情報システム 5.ウラノスエコシステム 6.サイバーフィジカルシステム 7.質疑応答/名刺交換

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 防衛装備庁 技術戦略部長 松本 恭典(まつもと きょうすけ) 氏 【重点講義内容】 防衛装備を変革し、技術優位を確保するための研究開発や、先端技術を取り込んで防衛イノベーションを引き起こしていくための取り組みと今後の方向性を説明します。 1.防衛力の抜本的強化を実現する研究開発  (1)現代戦・将来戦における先端技術  (2)防衛技術指針2023  (3)予算と主要プログラム  (4)早期装備化等のための新たな手法  (5)諸外国との協力 2.先端民生技術の活用  (1)スピンオンとスピンオフ、防衛利用と民生利用、先進技術の取り込み  (2)安全保障技術研究推進制度  (3)先進技術の橋渡し研究  (4)防衛産業の裾野拡大とスタートアップの活用、その課題  (5)他省庁プログラムとの連携   -経済安全保障重要技術プログラムと総合的な防衛体制の実現プログラム   -国内他研究機関との連携 3.防衛イノベーション技術研究所(仮称)の創設 4.質疑応答/名刺交換

ディーリンクジャパン (本社:東京都品川区 代表取締役会長兼社長:張 家瑞 (チョウ カズイ)、以下:D-Link) は、2024年5月28日、名古屋中小企業振興会館【吹上ホール】第二ファッション展示場 (愛知県名古屋市) にて、「SunTelephone ICT Business Solution 2024 (名古屋会場)」に出展いたします。 本イベントは、“Solution × Possibility”をテーマに、「ネットワーク」・「セキュリティ」・「コミュニケーション」・「ICTインフラ」・「エネルギー」の5つのゾーンにおいて、ICTとサービスの融合による、幅広いソリューションが展示されます。 ICTと環境をキーワードに、マルチベンダーの特徴を活かし様々なメーカーの製品を組み合わせ、機能的でコストパフォーマンスの高いソリューションが紹介される他、出展メーカによるセミナーや業界の最新動向、ビジネス事例なども幅広く紹介されます。 D-Linkブースでは、クラウド管理型の「Nuclias Cloud」と、オンプレミス/プライベートクラウド管理型の「Nuclias Connect」、2つのソリューションを展示し、多台数のネットワーク機器の管理に課題をお持ちのお客様に解決策を提案いたします。 その他にも既設ケーブルの変更不要で2.5Gbpsまで増速可能な「マルチギガビットスイッチ」や10Gスイッチも展示いたします。 【開催概要】 ■イベント名称 SunTelephone ICT Business Solution 2024 (名古屋会場) ■開催日程 2024年5月28日(火)10:00~17:30 ■会場 名古屋中小企業振興会館【吹上ホール】第二ファッション展示場 (愛知県名古屋市) ■主催 サンテレホン ■参加費 無料 (事前登録制) ⇒ 参加登録はこちらから https://eventory.cc/event/suntelephone-ict-bushiness-solution2024-nagoya/login ■公式サイト URL: https://eventory.cc/event/suntelephone-entry

6割の人が現状のオフィスに満足していないということをご存知ですか? ただ、何からするべきなのか?そもそも移転やレイアウト変更が必要なのか?と悩まれる方も多いと思います。 そこで、弊社ダイヤオフィスが年内に予定しているオフィス移転を題材に、プロジェクトの進行を疑似体験できるイベントを開催いたします!プロジェクト担当者目線でお話させていただくことで疑問や不安を解消していきますのでぜひご視聴ください! 第1弾のウェビナーでは、「移転・レイアウト変更は必要なのか?」という観点から考え方を理想の働き方を実現するオフィスについてお話します! また、オフィス移転検討開始~移転先選定に実施すべき内容を検討の順番に沿ってお伝えします。移転コストの試算や移転にまつわるスケジュールなど、普段なかなか目にすることのできない情報も具体的に公開します! 【こんな方におすすめ】 ・オフィス移転、環境改善を検討している ・これからの働き方をどう考えていくべきか知りたい ・自社のオフィスの課題を改めて認識し改善したい ・ワークプレイスコンサルティングについて詳しく知りたい ・現状はオフィス移転、レイアウト変更は予定していない 【ウェビナーの主な内容】 ・オフィスを移転・レイアウト変更をした方が良い理由 ・オフィス移転検討開始~移転先選定で検討が必要な事項 ・オフィス移転検討開始~移転先選定で検討が必要な事項 ・オフィス移転、レイアウト変更を行う上での考えるポイントとプロセス ・理想の働き方を実現できる本当に良いオフィスとは

DXがビジネスの必須要件となった今、ビジネスのあらゆる領域でアプリ開発のニーズが高まっています。しかしながらエンジニアやリソース不足で思うように開発が進まず、サービスのリリースや機能改善が滞っているケースも少なくありません。こうした状況を放置していると社内のDXの停滞を招くだけでなく、企業全体の競争力低下や収益低下にもつながりかねない状況です。このような中で注目を集めているのが「ローコード/ノーコード開発」です。「ローコード/ノーコード開発」を導入することで、アプリ開発の高速化を実現できるだけでなく、エンジニアのいないスモールオフィスや業務部門においてもアプリ・サービス開発が進められるようになります。顧客や業務部門の声を直接アプリやサービスに反映できるローコード/ノーコードはDXの起爆剤となりうる可能性を秘めています。とはいえローコード/ノーコードの開発が開発の柔軟性や提供したい機能を必ずしも満たしているとは限らず、その選定と採用には事前の情報収集や実装のための体制づくりが重要となってきます。本セミナーではDXを加速する「ノーコード/ローコード開発」導入にあたっての課題やノウハウを事例を交えて解説いたします。


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました