イベント・セミナー 検索

検索条件

キーワード ジャンル タグ 種別 地域 開催日時 2023年 06月 04日 ステータス 申込受付中 表示順 開催日順

296

並び替え

表示件数

【概要】 急速なテクノロジー進化により従来のビジネスモデルが変容する中、新たな収益機会が求められています。 収益機会の1つとして、顧客体験を重視した購買プロセス設計思想の浸透や、IaaS (Insurance as a Service) を実現するデジタル技術とシステムの導入により、組込型保険(Embedded Insurance)は保険業界内外で顧客アプローチの1つとして普及しました。 普及するEmbedded Insuranceで見えてきた重要なイネーブラーは顧客層を有する事業会社との提携と、機動的な商品投入を可能にする少額短期保険の活用です。 本セミナーでは、損害保険と生命保険におけるEmbedded Insuranceのイネーブラー(Enabler)を整理し、日本の保険会社として取り組むべき方向性を示した上で、事業会社との提携と少額短期保険の活用の要諦についてご説明いたします。 また、パネルディスカッションテーマについては、マーケティング、顧客体験、テクノロジー、法規制等の観点から「Embedded Insuranceの普及に向けた論点」を予定しております。 <登壇企業参考資料> 生命保険会社におけるEmbedded Insuranceの実現に向けた取り組みの方向性 https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/embedded-insurance2022.html 成功要諦を踏まえた取り組むべきEmbedded Insuranceの方向性 https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/embedded-insurance2023.html 【本セミナーで得られること】 ・損害保険会社と生命保険会社におけるEmbedded Insurance導入・拡大のポイント ・Embedded Insuranceイネーブラーの1つである事業会社との提携と少額短期保険の活用方法 【推奨対象】 保険会社の経営企画部門・営業企画部門・商品企画部門などの企画職 【セミナー詳細】 1.成功要諦を踏まえた取り組むべきEmbedded Insuranceの方向性 (1)Embedded Insuranceの成功要諦 (2)Embedded Insuranceのイネーブラー (3)Embedded Insuranceにおける保険会社の取り組みの方向性 2.事業会社との提携 (1)事業提携が必要とされる背景 (2)事業提携のアプローチ (3)事業提携を進める上での要点 3.少額短期保険 (1)少額短期保険マーケット概況 (2)成功事例の紹介 (3)成功事例に見る傾向 (4)Embedded Insuranceにおける少額短期保険活用の成功要諦 4.パネルディスカッション テーマ「Embedded Insuranceの普及に向けた論点」 5.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/03/13(水)13時~2024/03/21(木)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

事業や組織をけん引し、企業の持続的な成長を実現することが求められる「経営幹部」。 VUCA時代と言われる昨今においては、 経営幹部が果たす役割の難易度とその重要性は、これまで以上に高まっています。 そのような環境下においても、任された部門・組織に責任を持ちながら、 経営者の1人として全社最適な視点で行動できる人材が存在するか否かが、企業成長の要といえるでしょう。 そして実は、こうした企業の持続的な成長を実現する「経営幹部」には、 必ず備わっている5つの「要素」があります。 その要素とはどのようなものなのでしょうか。 本セミナーでは、「成長し続ける組織を実現するために、経営幹部に求められる要素」を、 1時間にまとめてお伝えします。 企業の更なる成長のため、 経営幹部の成長を求める経営者には必見の内容です。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. 企業を取り巻く現状 2. 経営幹部に求められる要素 3. まとめ *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【内容】 ・基礎となる用語の定義、個人情報の取得・利用に関するルール  安全管理措置の概要、本人からの請求への対応、漏えい等発生時等の対応他 ※安全管理措置の詳細については当機構の別セミナーをご利用ください 【プレビュー動画】 https://www.youtube.com/watch?v=seTOfSP_z7I&feature=youtu.be 【対象】事業においてはじめて個人情報保護に取り組む担当者様、     個人情報保護法の概要について確認が必要な経営者様他 【定員】各回とも 10名様まで 【利用ツール】Zoomウェビナー ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 一般社団法人日本プライバシー認証機構は個人情報保護法が施行される前の2001年より長きにわたり企業の個人情報保護をサポートしてまいりました。 ・当機構ホームページURL  https://www.jpac-privacy.jp/ 2022年4月の個人情報保護法の改正により法定刑が大幅に引き上げとなる等、個人情報保護の重要性がより高まっています。 また個人情報保護法では様々なルールが定められていますが、改正のたびに内容が追加されており、対応が難しくなってきていると言えます。 当機構では、そうした状況下で個人情報保護に取り組むことになった皆様のご要望を受け「初めて個人情報保護に取り組む方向けのセミナー」を開催し、 大変ご好評をいただきました。 2024年も同セミナーを追加開催いたします。 「個人情報保護の担当になったのでまず概要を理解したい」 「法律の言葉使いがわかりづらい、法律用語に抵抗を感じる」 「自社での個人情報の取扱いに問題がないか確認しておきたい」といった お悩みをお持ちの皆様にお役立ていただける内容です。 個人情報保護への取り組みの最初の一歩として、お気軽にご視聴ください。

セミナーの特徴 \販売パートナー企業様を募集しています/国内販売制度や販売戦略、製品コンセプトをご説明いたします クラウド時代において、利用するプロダクトやサービスの選択肢が拡がるのと同時にユーザビリティやユーザ体験の改善は常に求められます。ユーザ体験の改善はプロダクトやサービスの定着化に必要不可欠です。一方でプロダクトやサービス利用におけるリアルな行動データを可視化、分析し、改善を図るソリューションは少なかったのではないでしょうか?そんな中、ユーザニーズに即したUI/UX改善を実現するソリューションの採用が進んでいます。 本セミナーではUI/UX改善の決定版“Pendo”についてデモを交え解説するとともに国内販売戦略についてもご紹介させて頂きます。皆様の事業促進に貢献するソリューションとしてご覧頂ければと思いますので、是非ご参加ください。 よく聞くお客様の課題 提供するSaaSのフリーユーザを早期に有料版ユーザに誘導したい ユーザの利用状況を把握して、有効な新サービス/新機能の開発をしたい サポートコスト (チケット数)を削減したい このようなお悩みを持ったお客様を支援するソリューションを、事例やデモを交えてご紹介します。

【概要】 金融機関の破綻処理時に重要となる特性(いわゆるKey Attributes)が、FSBから2011年に公表されて以降、TBTF(Too Big To Fail<大きくて潰せない>)を終焉させるべく、金融機関の再建計画・破綻処理計画(Recovery and Resolution Plan<RRP>)の整備が当局主導で進められてきました。TBTF終焉に際しての障壁(Resolution Barriers)を解消すべく、危機・破綻時の資本/流動性管理やバリュエーション(資産・負債の再評価)に加えて、クリティカル・シェアード・サービス(CSS)やFMIサービス、ステイ、Operational Continuity in Resolution(OCiR)といった破綻処理前後の業務継続分野でも、態勢整備・高度化が当局・金融機関双方で進められてきました。  2020年頃からは内外当局の関心事項として、金融機関がこれまでに構築してきたRRPに係る各種態勢が適切に機能するのか/実効的か/実際にオペレーション可能かなどを確認する訓練(いわゆるテスティング)の実施および内容の報告が求められるようになってきました。  こうした中、2023年3月以降、米国の複数の地銀が破綻し、グローバル金融機関が救済合併される等、流動性管理やRRPの分野で大きな動きがみられました。FSBやBISといったグローバルの基準策定主体は、これらの銀行破綻等で得られた教訓を纏めたレポートを2023年10月に公表しました。とりわけ流動性管理について当局の問題意識が高まり、関連テーマでの訓練の実施が重要になっています。  本セミナーでは、2023年3月から丁度1年を迎えるこの時期に、海外の銀行の破綻等から得られた教訓に加えて、訓練の重要性や着眼点に焦点を当て、本邦金融機関のRRPの総括を行います。セミナーの最後に、米国の大手金融機関の強みについても言及し、本邦との違いについても議論します。  なお、RRPは大手金融機関で特に関心のあるトピックですが、金融機関におけるストレステストや流動性管理、再建計画の策定・実行の意義の高まりを受け、RRP(特に訓練の実施)は地域金融機関にとっても重要なトピックになってきています。金融機関経営が危機を迎えないためのリスク管理の着眼点(BISの報告書)や米国の地域金融機関に対する規制強化の流れにも簡単に触れ、地域金融機関にとっても参考になる解説を行います。 (注)本セミナーでは、バリュエーションやテスティングについて令和5年12月22日付けで公表された監督指針の改正案である、『「主要行等向けの総合的な監督指針」及び「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)の公表について』も解説します。 【本セミナーで得られること】 ・本邦の破綻処理制度・国際規制の概要 ・RRPの概要(含む各Resolution Barriers) ・危機時の予兆・流動性管理・RRP運営のポイント ・訓練(テスティング)実施の目的や着眼点・事例 ・2023年3月以降の海外の銀行破綻等を受けた教訓 ・米国の大手金融機関の強み 【推奨対象】 金融機関(大手金融機関/地域金融機関)のリスク管理部門、内部監査部門、経営企画部門 【セミナー詳細】 1.本邦の再建計画・破綻処理制度 (1)預金保険法 (2)破綻処理制度 (3)国際的な金融危機 (4)秩序ある処理 (5)TLACの国際合意 (6)SPEアプローチ 2.金融機関の再建計画・破綻処理(RRP) (1)BAU、ストレス・危機時、破綻処理のフェーズ (2)Early Warning Indicators(予兆管理)とコンティンジェンシー・ファンディングプラン (3)再建計画の策定 (4)破綻防止と破綻処理のためのツール (5)破綻処理の障壁(Resolution Barriers)  (a)クリティカル・シェアード・サービス(CSS)  (b)クリティカル・FMIサービス  (c)ステイ   (d)Operational Continuity in Resolution   (e)Funding in Resolution    (f)バリュエーション   3. 金融機関が実施する訓練 (1)訓練(テスティング、Fire Drill、Dry Run) (2)訓練の実施はなぜ重要か (3)訓練のパターン (4)訓練の進め方 (5)訓練の事例 (6)内部監査部門の関与 (7)訓練における重要トピック  (a)Funding in Resolution  (b)バリュエーション    (c)グローバル・ガバナンス 4.2023年3月以降の海外の銀行破綻等からの教訓 (1)AT1債などの優先劣後関係 (2)流動性破綻への警戒と訓練の重要性  (a)流動性に係る訓練   (b)Digital Runへの対応  (c)システムやモデルのガバナンス  (d)BAUとRRPの連携   (e)迅速性・可変性・正確性 (3)BISの報告書 “Report on the 2023 banking turmoil”  (a)基本的なリスク管理(金利リスク、流動性リスク、集中リスク)   (b)個々のリスクの蓄積と相互作用  (c)不適切かつ持続可能でないビジネスモデル   (d)カルチャーの不備と効果的でない経営陣等の監督  (e)当局の監督に対する対応 (4)FSBの報告書 “2023 Bank Failures:Preliminary lessons learnt for resolution”  (a)効果的な公的セクターのバックストップ   (b)破綻処理戦略及び破綻処理ツールの選択  (c)コミュニケーション&コーディネーション、銀行破綻のスピード  (d)ベイルインの運用  (e)安定化後のリストラクチャリング  (f)システミックなリスクにつながり得る銀行の破綻処理  (g)破綻処理における預金保険の役割 (5)米国の地域金融機関に対する規制強化 5.米国の大手金融機関の強み (1)ポジティブループに入った米国の大手金融機関  (a)高度なリスク管理能力  (b)リスクテイクの拡大・深化  (c)ビジネスの広がり・収益拡大 (2)本邦金融機関への示唆 6.質疑応答 ※事前質問がございます場合は、お申し込みフォーム「連絡事項欄」もしくは「お問い合わせフォーム」にて、ご連絡ください。 ※ライブ配信当日にチャットからも、随時書き込んでいただけます。 【補足事項】 ※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。 ※講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 【視聴のご案内】 開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。 開催1営業日前の12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 【アーカイブ視聴について】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 配信日程:2024/03/14(木)13時~2024/03/22(金)13時まで(土日祝も視聴可能) ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ※開催日当日にご参加いただけなかった方も、ご視聴いただけます。 ※配信期間中は、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。 ※セミナー開催翌営業日13時より、ライブ配信と同様のURLから視聴可能です。  視聴環境の確認は、「オンライン受講の流れ」をご参照ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。お申し込みフォーム連絡事項欄へ発行希望の旨をご記載ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

■「PC操作ログ」に求められる役割と課題 クラウドサービスの利用増加に伴い、社内でのランサムウェア感染などによるセキュリティ事故は後を絶ちません。こうしたインシデントを防ぐために、PC操作ログを管理するといった対策が取っている企業も多いのではないでしょうか? しかし、PC操作ログ管理のためにツールを導入しても課題が解決できずにいる企業が散見されています。 ■内部要因からの脅威(不正行為、人的ミス)への対策 内部の不正行為はビジネス機会の損失や社会的信用の失墜など重大な被害を引き起こすこともあり、喫緊な対策が求められますが、兆候の検知が難しく事後の対策になってしまうことが多々あります。 このようなインシデントを防ぐためにも、PC操作ログを活用することが可能です。 ■大企業で選ばれる「PC操作ログ」の管理とは! 本ウェビナーでは基本的な操作ログの役割、管理方法に加えて、具体的なPC操作ログの活用方法に加えて、IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」の特長と、効率的なPC操作ログの管理方法をご紹介します。 企業のセキュリティ対策としての操作ログの管理手法を知りたい方はぜひご参加ください。 ■このウェビナーは、以下の方におすすめです 1. 情報漏洩対策としてPC操作ログの収集を行いたい 2. PC操作ログを収集しているが、どのように活用すべきかがわからない 3. 多数のPCから操作ログ収集を行うことでネットワークにかかる負荷が心配 4. 操作ログを利用して情報漏洩の兆候検知を行いたい

Google社は2023年10月、迷惑メール対策を目的とした新たな「メール送信者のガイドライン」を発表しました。これは2024年2月以降、Gmail アカウント※に1日あたり5,000件以上のマーケティング目的のメールを送信する送信者に対して複数の要件が求められるもので、このガイドラインに沿った対応を行わないと、Gmail宛のメールが拒否されたり迷惑メールとして分類されてしまったりする可能性があります。 ※ドメインがgmail.com またはgooglemail.comとなる個人のGoogleアカウント (参考)メール送信者のガイドライン:https://support.google.com/a/answer/81126 同ガイドラインには、「メール配信システム会社に対応を依頼できる事項」だけではなく、どのメール配信システムを使う場合でも「送信者による対応が必要な事項」もあり、多くの企業が対応におわれています。 メール配信機能を搭載するコミュニケーションシステム「WEBCAS」を提供する当社にも、 「送信者側では具体的に何をすればよいのか」 「WEBCASはどんな対応をしているのか」 「他社のメール配信システムを使っているがガイドラインに対応していないため困っている」 「Gmailのガイドライン対応を加味してメール配信システムを導入する場合の選定ポイントを教えてほしい」 など、同ガイドラインへの対応に関して、この数か月で多くのご相談が寄せられています。 そこで本セミナーでは、「Gmail メール送信者ガイドライン」の内容や、今からでも間に合う「備えるべきこと」を丁寧に解説。今の知識だけでは不安がある、まだ対応が追い付いていない、などのお悩みを解決します。 ※「WEBCAS」シリーズのユーザー様には、本セミナーに参加することなく担当より別途詳細なご案内が可能です。お気軽にお問い合わせください。 ★こんな方におすすめです Gmailガイドライン変更について、内容をしっかり理解したい メール配信業務を管理・担当しており、Gmailガイドライン対応に不安がある Gmailガイドライン変更をふまえて、メール配信のシステム導入や移行を検討している

■このウェビナーは、以下の方におすすめです 1.情報漏洩対策としてPC操作ログの収集を行いたい 2.PC操作ログを収集しているが、どのように活用すべきかがわからない 3.多数のPCから操作ログ収集を行うことでネットワークにかかる負荷が心配 4.操作ログを利用して情報漏洩の兆候検知を行いたい ■「PC操作ログ」に求められる役割と課題 クラウドサービスの利用増加に伴い、社内でのランサムウェア感染などによるセキュリティ事故は後を絶ちません。 こうしたインシデントを防ぐために、PC操作ログを管理するといった対策が取っている企業も多いのではないでしょうか? しかし、PC操作ログ管理のためにツールを導入しても課題が解決できずにいる企業が散見されています。 ■内部要因からの脅威(不正行為、人的ミス)への対策 内部の不正行為はビジネス機会の損失や社会的信用の失墜など重大な被害を引き起こすこともあり、喫緊な対策が求められますが、兆候の検知が難しく事後の対策になってしまうことが多々あります。 このようなインシデントを防ぐためにも、PC操作ログを活用することが可能です。 ■大企業で選ばれる「PC操作ログ」の管理とは! 本セミナーでは基本的な操作ログの役割、管理方法に加えて、具体的なPC操作ログの活用方法に加えて、IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」の特長と、効率的なPC操作ログの管理方法をご紹介します。 企業のセキュリティ対策としての操作ログの管理手法を知りたい方はぜひご参加ください。


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました