サイト内検索

組織の大きな戦力として 欠かすことのできない「中堅社員」。 実務においては成果の中核を担いつつ、 チームの取りまとめ役や、管理職と若手の間のつなぎ役になるなど、 その役割は実に多岐に渡り、組織にとって非常に重要な存在です。 そんな頼りになる「中堅社員」ですが、その一方で 「突然退職してしまう」 「頼りになる一方、今ひとつ伸び悩み気味」 という状態にお悩みをお持ちの企業も少なくないようです。 なぜこのような状態になってしまうのか? その背景には、実は中堅社員特有の「壁」があることが、 当社が中堅社員を対象に実施した意識調査の結果からわかってきました。 本セミナーでは、当社の最新調査結果をもとに、 中堅社員が直面する「壁」について具体的に言及しつつ、 育成のためのポイントについてお伝えします。 「中堅社員の離職に悩んでいる」 「もう一段、二段ステップアップしてほしい」 そんな想いをお持ちの企業の人事・教育担当者の方はぜひご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1.中堅社員の状況 2.今取り組むべき「中堅社員育成」とは 3.まとめ *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

現場を牽引し最前線で活躍しており、次期リーダー候補としても期待される中堅社員。いわゆるミドルキャリア。 ミドルキャリアは間違いなく会社のキーパーソンであり、 企業の将来を左右するといっても過言ではありません。 一方で、「空白地帯」になりやすいともされているのが、 30歳±5歳のミドルキャリア層。 将来への投資として育成の必要性が高く、効果も期待できる階層ですが、そもそもどのような育成をするといいか‥というお悩みもお伺いします。 当社が実施したアンケート調査*によると 「今後特に注力して取り組みたい育成対象」という項目に対して従業員規模を問わず人事担当者の約半数が「中堅社員全般」と回答し、300名以下の企業に至っては6割近くにも上りました。 新入社員(ファーストキャリア)や管理職はもちろん、ミドルキャリア育成の体制整備も多くの企業にとって重要な課題です。 どのような観点で、どのような育成施策をミドルキャリアに対して行っていくべきなのでしょうか? 本セミナーでは、13,000社以上の人材育成を支援してきた当社がさまざまな企業からヒアリングしたミドルキャリア社員の「5つの葛藤」をご紹介。 そのうえで、それぞれの葛藤に対して企業が取り組むべき支援ポイントをお伝えします。 企業の将来を担うミドルキャリア社員の開発に本格着手したい 経営者や人事・教育担当者の方はぜひご参加ください。 *【ALL DIFFERENT「人事の課題」実態調査(社員の育成編)】(2022年)より プログラム 1. ミドルキャリアの現状 2. 会社が取り組むべきミドルキャリアディベロップメントの五大支援 3. まとめ(参加者交流会) *内容は変更になる場合がございます 会場 愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センター 13F

「労働集約型だね?」 この言葉は、我々がお世話になった先輩実業家の人に、言われた言葉です。 我々の前身は、「セミナー撮影業」です。 毎日のように、あちこちで開催されているセミナーの撮影に行っていました。 ▼典型的な「労働集約型ビジネス」 1日に3件のセミナーを、撮影したこともあります。 セミナーを、1日に3件も、はしごする。 勉強熱心な人でも、なかなか無いことではないでしょうか。 セミナー撮影業というのは、 「動けば稼げるけど、動かなければ稼げない。」 という典型的な、「労働集約型ビジネス」です。 ▼動けば稼げるけど、動かなければ稼げない ・動かなければ稼げない… ・なおかつ、 ・次月の売上も確約されていない… また、「フロー型ビジネス」でもあります。 ▼「フロー型ビジネス」と「ストック型ビジネス」 スモールビジネスに限らず、売上の立て方には、大きく2つの種類がありますね。 ・フロー型ビジネス ・ストック型ビジネス の、2つです。 ▼フロー型ビジネスとは 「フロー型ビジネス」とは、 ・ウェブ制作会社のホームページ制作 ・美容室のカット・カラー ・税理士の確定申告代行 ・…etc といった商売のこと。 リピートは、あるかもしれません。 ですが、契約などをするわけでは無いので、収入が安定しません。 ▼ストック型ビジネスとは 「ストック型ビジネス」とは、 ・携帯電話の代金 ・スポーツジムの月会費 ・不動産の賃貸料金 ・…etc といった商売のこと。 こちらは、リピートが前提です。 ですので、一回販売すれば、あとは安定的に収入を得ることができます。 ▼「フロー型」かつ「労働集約型」 我々の前身であるセミナー撮影業は、 ・「フロー型ビジネス」 ・かつ ・「労働集約型ビジネス」 です。 ▼日銭を、稼がなければならない だから、 ・毎日機材を背負って、走り回るしかありません… ・食っていくために、日銭を稼がなければなりません… ・値下げ要求にも、対応しなければなりません… ・… そんな姿を見かねて、先輩実業家の人に言われたわけです。 「労働集約型だね?」 ▼申し遅れました スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。 コンサル・士業・治療院・教室・サロンなどの知識や技術を提供するスモールビジネスオーナーに向けて、セミナーやワークショップを開催しています。 日々、スモールビジネスオーナーと話をしていると、みなさん「共通の悩み」を抱えていることに気が付きます。 それは、、、 ▼「売れば売るほど、忙しくなってしまう…」 ・「売れば売るほど、忙しくなってしまう…」 ・「動けば稼げるけど、動かなければ稼げない…」 ・「今のやり方だと、どうしても売上が頭打ち...」 という悩みです。 ウチも、ずっとそうでした。 「労働集約型だね?」 お世話になった先輩実業家の人に、言われたように。 ▼時には動き続けているのが、ツラくなる もちろん、「労働集約型ビジネスが、悪い」というわけではありません。 好きでやっているのだったら、幸せなことだと思います。 でも、時には動き続けているのが、ツラくなる時があります。 我々も実体験していますから、よく分かります。 ▼それしか、やっちゃいけない? 実は、「労働集約型ビジネス」をしているからといって、 「それしか、やっちゃいけない」 というわけでは、ありません。 ▼「労働集約型」から、「知識集約型」への移行 完全に、「知識集約型ビジネス」に移行することは、簡単ではないかもしれません。 けれど、一部を移行することは、比較的簡単にできます。 では、どうすれば「労働集約型」から、「知識集約型」に移行できるのでしょうか? ▼ノウハウ化・コンテンツ化する キーワードは、「ノウハウ化・コンテンツ化」です。 例えば、セミナー撮影業であれば、 ・「セミナーを撮影する際の、3つの手順」 ・「動画を活用して、顧客を獲得する方法」 ・「セミナーをDVD化して、販売する方法」 ・…etc 業務の一環として行っていることを、「ノウハウ化・コンテンツ化」します。 すると、途端に「知識集約型」へ、移行できるのです。 ▼「暗黙知」のノウハウ化・コンテンツ化 いわゆる「暗黙知」の、 ・見える化 ・可視化 ・言語化 ・形式知化 ・…etc といったものです。 業務の一環として行っていること(暗黙知)を、「ノウハウ化・コンテンツ化」します。 ▼文章・音声・動画... あとはそのノウハウ・コンテンツを、 ・「文章」にしたり、 ・「音声」にしたり、 ・「動画」にしたり、 すれば、良いのです。 ▼同業向けのノウハウ・コンテンツ提供 おすすめなのは、同業向けのノウハウ・コンテンツ提供です。 同業に対して、自らがこれまでに、つちかった ・集客 ・マーケティング ・販売促進 ・セールス ・商品開発 ・…etc といったものを、ノウハウ化・コンテンツ化する。 ▼どんな商売をやっているかは関係ない そして、そのノウハウ・コンテンツを、 ・「文章」にしたり、 ・「音声」にしたり、 ・「動画」にしたり、 すれば、良いのです。 あなたが、どんな商売をやっているかは、関係ありません。 たとえば、あなたが治療院の整体師だとしましょう。 ▼自らの商売に置き換えれば良い 治療院の、 ・開業方法 ・集客方法 ・ウェブ集客戦略 ・儲かるチラシ作成方法 ・運営の裏側 ・業界を斬る ・…etc いくらでも、発信できるノウハウ・コンテンツがあるでしょう。 「治療院の」、の部分を、自らの商売に置き換えれば良いだけです。 ▼ノウハウ化・コンテンツ化できないか? 「普段やっている業務を、ノウハウ化・コンテンツ化できないか?」 一度時間をとって、考えてみることをおすすめします。 時間をかけてでも、おこなう価値が、大いにあります。 「労働集約型だね?」 我々は、先輩実業家の人に、そう言われました。 その言葉から、ノウハウ化・コンテンツ化を奮起して実践しました。 どんな商売をやっているかは、関係ありません。 「知識集約型」を、取り入れていきましょう。 ▼『労働集約型から脱却する方法 & 知識集約型ビジネスモデル』 それでは、セミナープログラムをご紹介しましょう。 スモールビジネスのための、 ・「労働集約型から脱却する方法」 ・「知識集約型ビジネスモデル」 を、攻略できるセミナーです。 その内容を、ご覧ください。 ▼こんな悩み、モヤモヤないですか? ・今の収入が限界でこの先不安… ・売れば売るほど忙しくなってしまって時間がない ・新規客の獲得方法に限界を感じている ・競合との「明確な違い」を出すことが難しい ▼ノウハウ・コンテンツを売ることで、、、 ・単価が上がる ・先生ポジションを築ける ・本業の売上にも寄与する ・いくら売っても、労務は増えない ▼知識集約型ビジネスとは? ・知識・経験・スキル・ノウハウ ・知識集約型ビジネス ・知識=価値=お金 ▼知識集約型ビジネスを行うメリット ・いくら売っても忙しくならないーレバレッジ ・粗利率が高いー初期投資が無い ・キャッシュポイントが増える ・本業の売上が上がるー信頼感、箔がつく ・コンテンツの作成者として箔が付き、信用に繋がる ▼知識集約型ビジネス成功のヤマ ・ただ単に、知識を商品化すればいい? ・知識集約型商品がただあるだけでは売れない ・売れるように堅固な仕組みを作ることが優先 ▼「売れる仕組み」診断 ・今すぐ案内できる人が濃い見込み客が500人以上いる? ・広告を使わずに費用0で販売できる経路がある? ・単発で終わらず、その後ずっと継続してお金を払ってもらえる仕組みがある? ▼知識集約型ビジネスの始め方 ・知識集約型ビジネスで迷わない方法 ・良い商品とは? ・売れている商品 ▼知識集約型ビジネスの始め方3ステップ ・ニッチ分野の商品を作る ・売れるための導線設計 ・セールスのパッケージ化 ▼知識集約型ビジネス3つの罠 ・【依存型】集客導線を誰かに任せてしまう ・【投資失敗型】はじめから制作にお金を使ってしまう ・【薄利多売型】一回きりの販売しかできない ▼プロフィール このは屋(スモールビジネス特化の学び舎) スモールビジネス特化の学び舎。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。 ▼追伸 ここまでお読み頂きありがとうございます。 もしかすると、いきなりここを読んでいるかもしれませんね。 私も、そのタイプです。 上から読んでも、ここから読んでも、理解できる。 そのように、お伝えさせて頂いたことを、まとめさせて頂きますね。 ▼労働集約型から脱却する方法 & 知識集約型ビジネスモデル 今回、 スモールビジネスの「労働集約型から脱却する方法 & 知識集約型ビジネスモデルの作り方」攻略セミナー を開催することになりました。 このセミナーに参加することで、スモールビジネスの、 ・「労働集約型から脱却する方法」 ・「知識集約型ビジネスモデルの作り方」 が、分かります。 なぜなら、このは屋で実際に行っていますし、実践や落とし込みのキモを公開するからです。 セミナーは、先着順の受付となっています。 少しでも、「良さそうだな」と思ったのであれば、お早めにお申込みくださいね。 (席が、埋まってしまう前に) ▼「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて、締めとさせてください。 「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 あとは、それを使うだけです。 私たちは、あなたが武器を使うことに対して、手助けができると思います。 ここまでお読み頂き、ありがとうございます。 もし私たちのメッセージに共感して頂けたのであれば、ぜひ、セミナーにご参加ください。 あなたと、セミナーでお会いできることをこのは屋一同楽しみにしています。

2022年に当社が全国の社会人を対象に行った調査によると、 自分の職場で「同じ話を聞いたり資料を見たりした」際に「理解や認識のズレ」が発生している、と回答した社会人の割合は全体の88.1%に上りました。 上司への報告、部下への指示、経営層からのメッセージ、お客様とのやり取りなど、職場では毎日、様々なコミュニケーションが発生しています。 そんな職場のコミュニケーションで「理解や認識のズレ」が発生しているとしたら、職場の「生産性」や「利益率」、そして「組織力」へもたらす影響は計り知れません。 本セミナーでは、組織力の弱体化の要因である「ミスコミュニケーション」を解決し、 生産性を向上させるための取り組みについてご紹介します。 いま多くの企業が課題解決に取り組まれているテーマに通じる内容です。 この機会にぜひご参加下さい。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1. 組織力が弱体化する要因 2. ビジネス読解力向上のポイント *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士 末廣 裕亮(すえひろ ゆうすけ) 氏 【重点講義内容】 大企業の事業再編や中小企業の事業承継などのニーズを背景として、投資ファンドによるM&Aが増加しており、買収資金の調達手段であるLBOファイナンス(買収ファイナンス)の必要性も高まっています。中小規模の案件の増加と共にプレーヤーの裾野も広がっており、地域金融機関等においては新たなビジネスチャンスにもなっています。 本セミナーでは、LBOファイナンスに関するストラクチャーやその特徴、マーケットの近時の傾向を紹介します。また、これまでレンダー・スポンサー双方の立場で多くの案件に携わってきた講師が、実務の観点から、契約やスキーム上の留意点、買収ファイナンスに取り組むために必要となるM&Aの知識等について解説します。 1.LBOファイナンスとは  (1)ストラクチャー  (2)LBOファイナンスの特徴  (3)近時の傾向 2.押さえておくべきM&Aの知識  (1)取引形態とリスクに関する留意点  (2)M&AとLBOファイナンスの流れ 3.ローン契約のポイント  (1)ローン契約の概要と構成  (2)ローン契約の各条項の留意点    a.貸付実行前提条件    b.表明保証    c.コベナンツ    d.期限の利益喪失事由 4.担保契約のポイント  (1)全資産担保の考え方  (2)株式担保の実務上のポイント 5.質疑応答/名刺交換

新卒・中途問わず、近年の採用は売り手市場が続いています。 採用面接は、企業にとって応募者を見極める場である一方、 応募者が企業を見極める場でもあります。 応募者に企業の魅力が伝わらなければ、当然その企業が選ばれることはありません。 “入口”を担当する面接官は、 「人物を見極める役割」だけでなく、 「企業の魅力を高める役割」をも求められるのです。 では、そんな大切な役割を担う面接官が押さえておくべきポイントとは何でしょうか。 13,000社以上の人材開発の支援実績を持つ当社では、 育成事業にとどまらず、人材紹介事業も展開をしています。 本セミナーでは、人事・人材紹介の両方の経験を持ち、 企業と応募者双方の立場を深く理解するコンサルタントが登壇。 選考における問題点と対策を解説しながら、 面接官が押さえるべきポイントをご紹介します。 面接に関する基本知識の習得とスキル向上を目指す面接担当者や、 今後、面接を実施する候補者など、面接に携わる方はぜひご参加ください。 ※ このセミナーは、無料のWeb会議システム(Zoom)を利用したWebセミナーです。 プログラム 1.選考の問題点と対策 2.面接で押さえておくべきポイント 3.まとめ *内容は変更になる場合がございます お申し込み~視聴までの流れ (1)申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。 (2)開催前日までに【オンライン予約票のご案内】メールをお送りします。Zoom利用マニュアルを添付しますので、開催までにZoom(無料)をダウンロードいただき、視聴環境をご用意いただきます。(所要時間:10分程度) (3)開催当日は、セミナー開始30分前よりサインイン可能です。受講ページURLをクリックし、パスワードをご入力いただきお待ちください。時間になりましたら開始されます。 ※企業名が不明な方、フリーメールアドレスは不可とさせていただきます。 ※当社と競合・同業にあたるお立場の方、個人の方のご参加はお断りをさせていただいております。 上記に該当されるお立場の方に関しては、お申し込み完了後でもお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。 ※緊急のお問い合わせについては、メールまたはお電話にてご連絡ください。 Mail:ad-info@all-different.co.jp|TEL:03-5222-5111

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【講師】 KPMGコンサルティング テクノロジートランスフォーメーション パートナー 池田 和繁(いけだ かずしげ) 氏 KPMGコンサルティング テクノロジートランスフォーメーション シニアマネジャー 山邊 次郎(やまべ じろう) 氏 【重点講義内容】 欧州はデータ主権と国際競争力を確保するために、データスペースによる産業データの単一市場を目指すデータ戦略を策定し、着実な戦略の推進を図っている。データスペースは、データを生成する企業や個人の権利を守りながら、データを経済や社会で利用できるようにする仕組みで、GAIA-Xはその代表的な枠組みとして位置づけられる。欧州では自動車業界が先行してGAIA-Xに準拠したデータスペースを構築し、接続支援や各種アプリケーションを提供する専門企業も既に始動。 これら欧州の最新動向や日本の対策状況、そして連携の前提となる各企業に求められるデータプラットフォーム整備の重要性について解説する。 1.欧州インダストリアルデータスペースの起源と変遷 2.欧州データ戦略の狙いと対象となる戦略分野 3.GAIA-Xの三つの特徴 4.安全なデータ流通を担保するクリアリングハウスとGXDCH (Gaia-X Digital Clearing House) 5.先行する欧州自動車業界 6.Cofinity-X 始動 7.その他の産業における展開 8.日本に求められるデータ連携のグランドデザインと企業レベルの取組み 9.質疑応答/名刺交換

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-08-30 (金)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約25分 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 個人の転職に対する意識は大きく変わり、今後も労働市場の流動化は進んでいくでしょう。 こうした環境変化の中、アルムナイとの関係も変化させていくべきと考え、三井住友海上では2022年9月にアルムナイネットワークを立ち上げました。立ち上げから約1年が経過し、これまでに行った取組や、当初想定していた狙いと実際に得られた効果について、お話しいたします。 【セミナー詳細】 1.導入 2.環境変化 3.アルムナイネットワークをつくった理由 4.これまでの取り組み内容 5.アルムナイネットワーク活用の可能性 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-08-30 (金)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約30分 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 当初、投機的に高騰することが多かったNFTは、今では、新規販売で苦戦しているケースが散見されます。しかし、工夫されたUXを備えた実用的なNFTにおいては、即完売することも、珍しくありません。そこで、当セミナーでは、NFTならではの要素として、オンラインで手軽に入手・売買できる点に注目し、NFTの需要理由(入手理由、売買理由)の側面から、実用的なNFTのユースケースをご紹介します。該当するユースケースのUXを分析することで、NFT事業企画やNFT関連システム開発の要件策定の参考になれば幸いです。 【セミナー詳細】 1.NFTの現況 (1)はじめに (2)NFTでなければならない要素とは 2.実用的NFTのユースケース (1)サッカーコミュニティの活性化を目指すNFTの無料配布 (2)スキーリフトの早朝利用権 (3)バスケ動画のガチャ的NFTと売買マーケット (4)ふるさと納税の返礼品 (5)売買可能な航空券NFT (6)知的所有権で保護されたキャラを商用利用できるNFT (7)NFTの売り上げから、著作権料をJASRACに支払う (8)既存のポイント制度とNFTの融合 (9)売買可能な宿泊利用権NFT (10)学修歴証明書となるNFT 3.総括 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

■配信期間:お申し込み後 ~ 2024-08-30 (金)13:00(配信期間内は土日祝を含めいつでも何度でも視聴可能です) ■講義時間:約1時間 ■視聴案内:お申し込み後3営業日以内に「視聴に関するご案内・視聴URL」をお送りします。 ■支払期限:お申し込みから1か月以内にお支払いをお願いいたします。 ____________________________ 【概要】 異業種からの金融への参入は、我が国においてはソニーグループからはじまりました。一方で時代の変遷と共に、参入形態は変わってきています。現在、どのような形で異業種が参入してきているのか、業種別に見ていきます。近年ではBaaSやエンベデッドファイナンスの形態で既存金融機関と提携しながら自社のビジネスプロセスに金融を入れ込む動きが顕著に見られます。既存の金融機関としてはどのような戦略を持って、この事象に対処してけば良いのか考察していきます。 【セミナー詳細】 1.これまでの異業種参入のステップ 2.業種別参入のポイント (1)銀行、証券、保険、貸金業、クレジットカード、資金移動 3.新規参入の狙いと経営インフラの活用 (1)新規参入と経営の3要素 (2)顧客選択基準の変化 (3)ITの活用 4.今後の方向性 (1)異業種の人たちの強みと方向性 (2)法規制はどこに行くか? (3)金融業から異業種へ 【補足事項】 ※配信画面の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。 ※アプリからID・Passを入力してのご視聴はいただけません。  アクセス制限がある場合は、個人所有の端末等でご視聴をお願いします。 ※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。 ※講師との名刺交換は承っておりません。 ※講師へのご質問は、ご送付する資料に記載の講師連絡先へ直接ご連絡ください。 【受講証明書発行可能】 社内申請やCPE単位申請のため「受講証明書」が必要な方は受講後に発行が可能です。動画をご視聴後にご連絡ください。(※CPE単位申請にご利用の際は、申請条件についてご自身で事前確認をお願いします。弊社で単位取得を保証するものではございません。)

Google検索アルゴリズムに関する内部資料がリークし、大きな注目を集めています。 この資料は、24年3月の流出当初は真偽不明とされていましたが24年5月にGoogleも本物であることを認めました。 流出内容には、「14,000以上の属性」「約2,600個のモジュール」という膨大な情報が掲載されており、その中には新たにアルゴリズムに組み込まれてると判明した項目もありました。 中でも特に話題となっているのが、ユーザーの行動データ、クリックのパフォーマンスを使用したシステム、「NavBoost」です。 GoogleはChromeなどを通じて大量のユーザー行動データを収集しており、それをアルゴリズムに活用しています。リーク情報から、Googleの公式見解と実際のアルゴリズムの差異が明らかになりました。 改めて、コンテンツの中身の質のみでなく、UI/UX までがSEOの範囲となる可能性が非常に高いと考えられます。 今回は、リークされたアルゴリズム資料から読み解くSEOのポイントと、UI/UX改善とSEOの関連性をわかりやすく解説します。 ご参加いただいた方には、特典としてSEOの評価にも取り入れられている「SEO UI/UXチェックシート」をご用意していますので、ぜひご参加ください。 *当セミナーにおける情報は、リーク内容を元に作成しておりますが、現時点で有効な情報であるかは保証できかねます。 その点ご留意の上ご参加ください。

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 【重点講義内容】 Ⅰ.防災投資のカギを握る災害インパクトの事前評価 ~インフラのレジリエンス強化で災害リスクに備える~ 三菱総合研究所 社会インフラ事業本部リスクマネジメントグループ 研究員 田中 良明(たなか よしあき) 氏 13:00~14:10 今年1月に発生した能登半島地震では、水道管路等の災害に脆弱なインフラが被害を拡大し、迅速な復旧を妨げている主要因の一つであると考えられます。ひとたび大災害が発生し、脆弱化する日本のインフラが被害を受ければ、社会にもたらす影響は計り知れません。南海トラフ地震や首都直下地震、気候変動等を背景に災害リスクが高まるなか、有効な対策の一つとしてインフラへの事前の防災投資が挙げられ、防災投資の促進のためには災害発生がもたらす多面的なインパクトを詳細に事前評価することが第一歩となります。 本講演では、防災投資促進における災害インパクト評価の重要性及び災害インパクト評価を起点とした社会のレジリエンス向上策についてお話しいたします。 1.「三重苦」に陥る日本のインフラ  日本のインフラは、老朽化、巨大地震等の災害リスクの上昇、財政難という「三重苦」時代に突入。 2.災害インパクト評価に基づくインフラへの効率的な事前防災投資の重要性  防災資金を復旧・復興費用ではなく効率的な事前防災投資に充てることがレジリエンス向上への最短経路。 3.上水道、工業用水道を例にした事前防災投資及び災害インパクト評価の現状  能登半島地震の被災地も含め、現状のインフラ管理には十分に災害リスクが考慮されているとは言い難い。 4.災害インパクト評価のボトルネック  災害インパクト評価はデータ収集による状況把握や災害の波及影響の評価が難点。 5.効果的な災害インパクト評価に向けたMRIと名古屋大学の取組  現在、MRIと名大が共同で取り組んでいる西三河の工業用水等を対象とした災害インパクト評価についてお話しいたします。 6.「インパクトベース」の災害対策の理想像と実現に向けた課題へのアプローチ  弊社が考える災害インパクト評価を活用した事前防災投資促進の理想像や、それに向けた今後の取組についてお話しいたします。 7.質疑応答/名刺交換 Ⅱ.能登半島地震から考えるこれからの上下水道のレジリエンス 東海国立大学機構名古屋大学減災連携研究センター 准教授 平山 修久(ひらやま ながひさ) 氏 14:20~15:30 2024年1月1日16時10分に発生した令和6年能登半島地震では、水道施設の被災等により、6県38水道事業体において、最大約13.7万戸の断水被害が生じました。特に、能登地方6市町においては、配水管のみならず、浄水場、配水池や導水管、送水管という上水道システムの上流部分に甚大な被害が生じ、壊滅的な機能喪失、長期的な断水となっています。 2024年能登半島地震での水道分野における応急給水、復旧状況の地図化ならびに情報共有の取り組みから、災害時の上水道分野における情報戦略機能のあり方や、これからの上下水道一体での災害レジリエンス確保のあり方について考えます。 1.2024年能登半島地震の特徴について  2024年能登半島地震での緊急地震速報発表状況と人的・住家被害の状況。   2.能登半島地震における応急給水拠点マップと復旧状況マップ  応急給水拠点、復旧状況の地図による可視化と関係機関の情報共有の取り組み。 3.災害時の上水道分野における情報戦略のあり方  応急給水ならびに応急復旧の進捗管理や医療機関等への影響分析と災害時情報戦略機能。 4.能登半島地震から見える水道の課題  重要な施設の耐震化、更新の状況、技術職員一人当たりの管路延長からみえる人材確保、上下水道一体での災害対応等の課題。 5.災害文明と災害文化、水道文明と水道文化  水道管路耐震化による災害による社会の相転移の回避、災害文明に追随していない災害文化、水道文明の展開と水道文化の醸成による  これからの上下水道の災害レジリエンス。 6.質疑応答/名刺交換

********** データ連携ツールの導入を検討中、情報収集中の方向けの内容です ********** DXを推進し、業務プロセスのデジタル化、データ活用による迅速な意思決定や新サービスの展開を実現するためには、シームレスなデータ連携が不可欠です。 しかし、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?  ・システムがサイロ化しており、データが社内に散在している  ・データ連携を手作業で行なっており、手間がかかり人的ミスも発生しがち  ・社内外のIT人材が不足しているため、連携処理の開発に手が回らない このような課題を、17年連続国内シェアNo.1(*)の実績を誇るデータ連携ツール「ASTERIA Warp」が解決します! Excelから業務システム、クラウドサービスまで、100種類以上のデータソース間の複雑な連携やデータ変換を、高度なITスキルを必要とせずにノーコード&高速開発で簡単に実現。データ連携による業務改善を段階的に進めていくことで、DX推進のカギとなるデータ活用基盤の構築につなげることが可能です。 本セミナーでは、10,000社以上への豊富な導入実績から培ったノウハウや事例を中心に、ノーコード開発による「データ連携」というアプローチで、データの変換・入出力などの煩雑なオペレーション業務を効果的に効率化し、データ活用の促進につながる業務改善手法をご紹介します! <API連携編> 昨今、手軽に導入できるクラウドサービスが普及しており、自社システムとの連携ニーズも高まっています。サービスベンダーが公開しているAPIを利用して連携するケースが一般的ですが、サービスごとに異なる仕様の把握や、複雑な認証フローへの対応、仕様変更対応に手間がかかるといった課題もあります。 「データ連携ツール」の活用でこのようなAPI連携の課題を解決し、直感的な操作でクラウドサービス連携を実現しましょう! * テクノ・システム・リサーチ  「2023年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB 市場編」による

ノーコードやローコードは、業務をシステム化する中で最も注目されています。しかし、ノーコード・ローコードツールでどんなことができるの?自社に活用できるの?そんな声が上がっています。 プリザンターは、ノーコード・ローコードで業務アプリケーションを作成することができるオープンソースソフトウェアです。プリザンターを導入し活用することで、社員のITスキル強化や業務効率化を行うことができます。 今回は、プリザンターの機能とともにどんな使い方ができるのか、使い方の例などを実際の画面を見せながらご紹介します! ■アジェンダ ・ノーコード・ローコードが注目される理由 ・プリザンターとは ・プリザンターの機能 ・プリザンターでできること  ・業務アプリ作成  ・ダッシュボード  ・ワークフロー  ・見積書の作成 ・プリザンターアプライアンスサーバ ・プリザンターサポートサービス ・質疑応答 ■講習条件 ・ノーコード・ローコードツールの導入を検討中の担当者/責任者 ・社員のITスキルを強化したい担当者/責任者 ■セミナースケジュール ・14:50 ~     ログイン可能時間 ・15:00 ~ 15:45 ノーコード・ローコードで業務アプリケーションを作成 プリザンター活用例紹介セミナー ・15:45 ~ 16:00 質疑応答

日々、スモールビジネスオーナーと話をしています。 すると、みなさんが「集客できない」と、口をそろえて言います。 ですが、我々が、 「どのような集客手段を、使っているのですか?」 と聞くと、以下のような集客手段しか使っていないことが少なくないのです。 ▼集客できないわけでは無い ・ブログ記事を、書く ・YouTubeに、動画を投稿する ・Facebook・Instagramで、「いいね」する 通常は、これらの方法で、ネット集客を実践しますよね。 おそらく、あなたもそうなのではないでしょうか? ▼「無料で」、集客できないだけ つまり、実は、集客できないわけでは無いのです。 「無料で」、集客することができないだけなのです。 あなたは、無料の集客と有料の集客。 どちらが、難しいと思いますか? ▼無料集客しているところを参考にすべきではない 言うまでもありませんが、無料の集客です。 圧倒的に、無料集客です。 正直、無料集客だけで食えてるところなんて、超少数です。 つまり、再現性が低いので、参考にするべきでは無いのです。 ▼再現性を考える それに対して、有料の集客、たとえば広告。 お金さえ出せば、必ず一定のアクセスは集まってくれます。 (つまり、再現性が高いので、参考にできるのです。) 仮にあなたが、利益度外視で、テレビCMを打ったと考えてみてください。 集客できないでしょうか? ▼無料集客に保証は無い 必ず、一定数の人は、集客できます。 もしこれで集客できないのであれば、商売そのものを変える必要がありますよね。 ですが、無料集客の場合は、そのような保証はありません。 ・ブログ記事を毎日更新しても、 ・YouTube動画を投稿しても、 ・Facebook投稿やInstagram投稿に「いいね」をしても、 集客できない可能性が、(大いに)あります。 ▼申し遅れました スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。 コンサル・士業・治療院・教室・サロンなどの知識や技術を提供するスモールビジネスオーナーに向けて、セミナーやワークショップを開催しています。 さて、あなたの知っている同業のやり手は、広告を出していませんか? 業界の認知度が高い、そこですら、広告を出稿しているのです。 どれだけ、無料での集客が難しいか分かりますよね。 間違って認識して頂きたくないのは、無料の集客が良くないということではありません。 ▼有料で集客してる内に、無料集客を育てておく 無料で集客できる仕組みを構築できているのであれば、それに越したことはありません。 でも、無料集客の仕組み作りをするには、時間がかかります。(再現性も低い) ですから、まずは有料で確実に集客して、その間に無料の集客媒体を育てておくのです。 つまり、時間をお金で買うということです。 順番が、常識とは逆ということですね。 ▼軌道に乗ってから、広告を使いたい? よく「商売が軌道に乗ってから初めて、拡大のために広告を使いたい」という人がいます。 確かにそういった使い方もありますが、広告の使い方は、それだけではありません。 実は、無料で集客する力のない起業初期の時。 その時期こそ、本当は広告を使って、有料で集客するべきなのです。 それも、できるだけ低コストで。 ▼低コストで簡単に集客できる広告とは? では、どうすればできるだけ低コストで、集客を実現することができるのでしょうか? その答えが、「SNS広告」です。 あなたも耳にする機会が、少なくないと思います。 ▼スモールビジネスの集客に適している 設定方法さえ分かってしまえば、あなたもすぐに広告を出稿することができます。 そして、SNS広告は、スモールビジネスに、とても適しているのです。 そうはいっても、これまでに広告を出稿したことがない場合。 有料で集客すること自体に、心理的ハードルがあるかと思います。 広告を使って有料で集客する場合、もしも集客できなかった場合は、広告費がそのまま赤字になってしまいますからね。 こちらについては、極端ではありますが、 ・仮に、集客できなかったとしても、 ・商品・サービスが販売できなくて、表面上は赤字になったとしても、 投資と考えるのは、いかがでしょうか。 ▼広告は、再現性のある集客方法 広告は昔からある告知・宣伝方法ですし、これからも無くなることは無いでしょう。 つまり、再現性のある集客方法です。 習得してしまえば、今後ずっと使えるスキルとなります。 ▼「人生100年時代」だからこそ、広告集客 いつまで、今のように動き続けられるか分からない...。 「人生100年時代」だからこそ、広告集客なのです。 ・長い人生の、 ・できるだけ早い段階で、 ・体力に頼らない集客手段を身に着けておいた方が良い。 そう思いませんか? 広告集客は、まさしく、体力に依存しない集客手段です。 ▼赤字にしない広告運用方法 とはいえ、できれば赤字にすること無く、広告を運用したいですよね。 ご安心ください。 そんなあなたのために、今回、SNS広告を攻略するセミナーをご案内します。 このセミナーに参加することで、赤字にすることなく、SNS広告を運用する方法が分かります。 ▼『SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法』 それでは、セミナープログラムをご紹介しましょう。 スモールビジネスのための、 ・「SNS広告の始め方」 ・「広告をできるだけ低コストで運用する方法」 を、攻略できるセミナーです。 その内容をご覧ください。 ▼パート1:スモールビジネスのためのSNS広告入門 ・全くの初心者でも結果を出せるSNS広告の集客の流れ ・この6つを押さえれば大丈夫!今アツいSNS広告の種類 ・SNS広告を実践する上で絶対にやってはいけないこと ▼パート2:意外と知らない?オンライン集客の最短ルート ・お金をかける集客 vs お金をかけない集客 ・9割が陥る!無料集客の致命的な罠 ・SNS広告ではなく、リスティング広告を出したほうが良い? ▼パート3:情報に惑わされない!SNS広告の選び方 ・自分に最適な広告が見つかる!広告媒体の選び方 ・知らないと危険?各広告の利用者層と特徴を理解しよう ・画像と動画ではどちらのほうが効果が高い? ▼パート4:費用対効果の高い広告プラットフォーム ・進化し続けるFacebook広告とInstagram広告の攻略のコツ ・月間アクティブユーザーが多いTwitterでの広告出稿のポイント ・生活に欠かせないLINEに広告を出して、集客に活用する ▼パート5:スキル不問!スモールビジネスのクリエイティブデザイン思考 ・YouTube広告のここが凄い!知らないと差がつく攻略のカギ ・トレンドの動画広告を使って、見込み客を獲得する方法 ・スキル無しで高品質な広告画像が作れるデザインツールとは? ▼パート6:SNS広告の必勝パターンを作るための仕組み作り ・スモールビジネス必見!SNS広告をマスターするための3つの秘訣 ・SNS広告をできるだけ低コストで運用するための知っておくべき2つのこと ・SNS広告の成否を分けるターゲティング方法について?どうやって精度を高めるか ▼プロフィール このは屋(スモールビジネス特化の学び舎) スモールビジネス特化の学び舎。 スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、安定した継続的な収入源を確保する方法…etc。 悔いの無い生涯を謳歌する為の、鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。 ▼追伸 ここまでお読み頂きありがとうございます。 もしかすると、いきなりここを読んでいるかもしれませんね。 私も、そのタイプです。 上から読んでも、ここから読んでも、理解できる。 そのように、お伝えさせて頂いたことを、まとめさせて頂きますね。 ▼SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法 今回、 スモールビジネスの「SNS広告の始め方 & 低コスト広告運用法」攻略セミナー を開催することになりました。 このセミナーに参加することで、スモールビジネスの、 ・「SNS広告の始め方」 ・「広告をできるだけ低コストで運用する方法」 が、分かります。 なぜなら、このは屋で実際に行っていますし、実践や落とし込みのキモを公開するからです。 セミナーは、先着順の受付となっています。 少しでも、「良さそうだな」と思ったのであれば、お早めにお申込みくださいね。 (席が、埋まってしまう前に) ▼「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて、締めとさせてください。 「もう、あなたの手元に武器は、そろっています。」 あとは、それを使うだけです。 私たちは、あなたが武器を使うことに対して、手助けができると思います。 ここまでお読み頂き、ありがとうございます。 もし私たちのメッセージに共感して頂けたのであれば、ぜひ、セミナーにご参加ください。 あなたと、セミナーでお会いできることをこのは屋一同楽しみにしています。


処理に失敗しました

人気のタグ

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました