開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ラッカスネットワークス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/04/18

5G時代の無線LAN虎の巻、ネットワーク干渉はどう回避すればよいのか

次世代通信規格「5G(第5世代移動通信システム)」の商用化が前倒しになるなど、無線通信を取り巻く環境が大きく変化しようとしている。日本では2020年の東京五輪を見据えた「Wi-Fi」整備も大きなテーマだ。こうした通信環境の変化は一般人向けと思われがちだが、実は企業の無線環境構築でも考えておくべきポイントにつながる点が数多くある。ここでは、より高速な5Gが出れば、Wi-Fiは不要になるのか?といった素朴な疑問から、電波干渉を起こさせない無線LAN構築のポイントまで、幅広く解説していこう。

photo
5G時代を見据えた無線LAN環境の構築が求められる
(©chombosan - Fotolia)

無線通信がますます求められる時代に

 次世代通信規格「5G」の商用化に向けた動きが加速している。2018年2月には世界最大のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」において、各国の通信機器メーカーや通信事業者が、相次いで5Gの商用化計画の前倒しを明らかにした。日本の大手通信事業者も2020年開催の東京五輪に合わせていた当初計画の見直しを検討している。

 しかし、どれほど5Gが普及したとしても、それだけですべての無線ネットワークのニーズをカバーできるというわけではない。

 たとえば、4Gが一般化した現在でもトンネルや地下鉄など、3Gエリアが残っている場所はまだまだある。また、国際標準で使えるという意味では、Wi-Fi(無線LAN)のほうが訪日外国人観光客にとってもニーズが高い。

 また高速な5G網が整備されても、サービスを利用するにはコストがかかる。これを低価格な無線LAN網にオフロードするのは自然の流れというものだろう。

 また、スマートフォンやタブレットなどの浸透とともに、IoT(モノのインターネット)の台頭によって通信機能を備える機器が劇的に増加するなど、利用用途も多様化し、無線LANに求める「通信の品質」も重要視されてきた。

 一方、現行の無線LANで用いられている2.4GHz/5GHz帯ともに通信データの増大、高帯域の利用などに伴って帯域が逼迫(ひっぱく)するという問題も浮かび上がってきた。「無線は有限資源であり、無限ではない」ことを痛感する時代となっている。

この記事の続き >>
・干渉(ノイズ)が発生する理由と回避方法
・どうすれば快適な無線LAN環境の構築・運用が可能か
・IoTソリューションや次世代規格への対応も視野に
・ネットワークは日々成長する生き物

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!