開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 / 日本ヒューレット・パッカード株式会社 / シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/07/10

事例:CTCの働き方改革は「ペルソナの設定」から始まった

本記事では「働き方改革」のキーポイントを、事例と調査データ、2つの側面からレポートする。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、セキュリティ重視によるコミュニケーション不足をいかに解消したのか。そして、200社以上を調査したシトリックス・システムズ・ジャパンによる、働き方改革への提言とは。働き方改革に行き詰まる企業に、少なくない示唆を与えてくれるだろう。

CTCにおける「働き方改革」の長い歴史

photo
伊藤忠テクノソリューションズ
技術戦略グループ
情報システム室 情報システム部
部長/エグゼクティブエンジニア
永田孝哉 氏
 「ワークスタイル改革からワークモデル改革への挑戦」では、伊藤忠テクノソリューション(CTC)のワークスタイル改革(働き方改革)について、同社 技術戦略グループ 情報システム室 情報システム部 部長/エグゼクティブエンジニア 永田孝哉 氏が解説した。

 同社のワークスタイル改革の取り組みは、大きく3つの時期に分かれている。第1回が2004年から2010年、第2回が2011年から2016年、そして2018年現在が第3回である。第1回の2004年から2010年の取り組みについて、永田氏は次のように説明した。

「当時はガバナンスやセキュリティへの関心が高く、パソコンを1台紛失してもメディアに騒がれる時代でした。したがって、特にセキュリティを重視した取り組みを行いました。『セキュリティの強化と利便性向上の両立』をテーマに掲げ、社内システムのデータセンターへの統合などを実施したのです」(永田氏)

 この、システムのデータセンターへの統合と合わせて実行されたのが、シンクライアントの導入だ。システムをデータセンターに集約するのであれば、データもデータセンターに集約した方がよいだろう、というのがその理由だ。この取り組み以降、CTCではシンクライアントが当たり前になった。

 ただ、第1回目のワークスタイル改革では、セキュリティを重視しすぎた結果、その副作用として「働きづらさ」も生んでしまったという。それも踏まえてスタートしたのが、第2回目のワークスタイル改革だ。

 そこでカギとなったのは、従業員に5つのペルソナを設定したことだった。

この記事の続き >>
・いかにして、“働きづらい”社内のワークスタイルを一新したのか
・データで見る、「働き方改革」3つの分類
・テレワーク実現の“キャズム”超えのためには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!