開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/04/25

実装フェーズに入ったRPA、効果的な導入に必要な「2つのポイント」とは?

働き方改革などを中心とした、業務効率化や生産性向上を実現するテクノロジーとして「RPA(Robotic Process Automation)」の取り組みが進んでいる。RPAや自動化はPoC(概念実証)から実業務への実装に入ってきた段階だが、課題もある。「RPA単体での導入では効果が出にくい」「自動化の効果は導入後、低減している」といった声だ。ここでは、そうならないためのRPAや自動化導入のポイントを探った。

photo
RPAの導入効果を最大限活かすには、押さえるべきポイントがある
(© IRStone - Fotolia)

活況を呈するRPAや自動化だが、実装には課題も指摘される

 労働力人口の減少、人材確保難という状況で、特にホワイトカラーの業務効率化による労働生産性の向上は大きな課題だ。多様な働き方を実現し、社員の生産性を高める「働き方改革」のために、自動化の取り組みが多くの企業で進んでいる。

 RPA市場は活況を呈しており、IT調査・ コンサルティング会社のITRが2018年10月に発表した「ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2018」によると、2017年度のRPA市場売上金額は35億円、前年度比4.4倍と急成長している。また、矢野経済研究所の予測では、2018年度の国内RPA市場は、前年度比134.8%増の418億円となっている。一方で、ガートナーのハイプサイクルでは、RPAは「過度な期待」のピーク期から幻滅期に下がり始めていると見られる。

 現在、多くの企業でRPAや自動化の実証実験、実装に関する課題が出てきて、それを解決している段階にある。導入に取り組んだ企業からは「RPA単体での導入では効果が出にくい」といった声も聞かれ、改めて業務プロセス全体を見直す企業も出てきている。

 言い換えれば、RPAや自動化を効果的に導入するには「業務プロセス全体を俯瞰し、業務プロセスを自動化、最適化すること」がポイントなのだ。それだけではない。「AIなどのコグニティブ・テクノロジーを組み合わせることで、自動化の精度を高めること」により、RPA導入の効果を最大化していくアプローチもある。すなわちAIも重要なポイントなのだ。

 では、それぞれのポイントについて見ていこう。

この記事の続き >>
・ビジネスの自動化も、3つのサービスを活用すれば怖くない
・AI+RPAの活用事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!