開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/06/04

コロナ禍で「もはや必須」の業務変革、特別なスキルなくデータとAIを使いこなすには?

新型コロナウイルスがもたらした社会への影響は大きく、テレワークをはじめとするテクノロジーの活用は「待ったなし」の状況だ。働き方だけでなく、これまで対面で行うことが当たり前だった営業活動など、業務のあり方や進め方もテクノロジーを活用した「変革」の必要に迫られている。こうした業務変革に、AIをはじめとする高度なデータ活用がより注目されているが、AI活用にはこれまで高いハードルがあった。しかしそれも今や、過去のことだという。

photo
業務改革が一層求められる今、AIはどう活用すべきか
(Photo/Getty Images)

今の状況をチャンスに変える切り札がAIの活用だが…

 新型コロナウイルスは、これまでのビジネスの常識を大きく変えてしまった。事業継続の観点からも、業務を見直すことは待ったなしの状態といえる。たとえばこれまで対面が当たり前だった営業活動も、テクノロジーを活用しながら、さらに効率的に、効果的に行うことが求められている状況だ。

 だがこうした状況は、チャンスでもある。これまでの前例にとらわれずに、業務のあり方を見直す契機でもあるのだ。業務の本質的な価値を改めて見つめ直し、その価値を実現していくために、プロセスに潜む「ムダ」を除き、事象と事象の関係性を解き明かし、最大の効果を実現するために目的と手段を文字通り“ゼロベース”で考え直していくことが求められているといえよう。

 業務改革の切り札として、AI(人工知能)に注目する企業は多いだろう。しかし、AIの実証実験に取り組む企業は多いものの、本格導入に至っている企業は多くない。

 その背景には、「AIを活かすアイデアがあっても、それを実現することが難しい」という事情があった。特にAI活用の高いハードルとしてそびえ立っていたのが、「AI人材に関する課題」である。

この記事の続き >>
・AI活用を阻んできた2大課題を「過去のこと」にする方法
・AIが「構造化データ」も扱えることで業務の何が変わるのか
・海外の大手通信キャリアはいかにして「400億円の離反防止効果」を上げたのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!