開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/03

今さら聞けない「コンテナ」基礎知識。Docker、Kubernetesは?OpenShiftの活用法も

仮想化技術として近年トレンドになっている「コンテナ」技術。どういった技術なのかはわからなくとも、その用語を耳にした方も多いだろう。コンテナの関連用語である「Docker」「Kubernetes」「OpenShift」についても同様ではないだろうか?本稿では、こうしたコンテナの基礎知識について、それらが登場した背景を含めて説明していく。記事後半では、企業における活用と具体的なシステム構築方法も解説する。

photo
物流のイメージの強い「コンテナ」という言葉。ITではどのような意味で使われているか
(Photo/Getty Images)

「コンテナ」は、アプリとインフラを分離させた画期的な技術

 1960年代のメインフレームから始まったコンピュータの歴史では、OSとアプリケーションは常にサーバという枠の中で動いていた。サーバ仮想化においても、サーバという枠組みそのものが仮想化されただけで、その基本構造は変わらなかった。

 それが「コンテナ」の登場で大きく変わった。数十年のコンピュータの歴史の中で、初めてアプリケーションとインフラが分離するという、画期的な出来事が起きたのである。

 従来のサーバ型の仕組みでは、アプリケーションが稼働するには、OSと一体化したライブラリを利用する必要があった。一方のコンテナでは、オープンソースソフトウェア(OSS)である「Docker」によりライブラリはOSから切り離され、アプリケーションと一体化している。ライブラリと一体化したアプリケーションは「コンテナ」という単位でプロセスとして動く。このため、起動が非常に高速で、メモリ使用量も小さく、Dockerが動いていればOSのバージョンが異なっても稼働する。

画像
コンテナとは?

 コンテナによって、開発者はOS以下のインフラから解放され、さまざまな開発用ツールを瞬時に起動し、バージョンの異なるアプリケーションを併存させて開発可能になった。

この記事の続き >>
  • ・開発者の世界にとどまらないコンテナの可能性
  • ・「Kubernetes」「OpenShift」が必要になった背景
  • ・KubernetesとOpenShift、その違いは?
  • ・OpenShift導入・構築のポイントはネットワーク
  • ・コンテナ導入により従来の運用見直しも不可欠

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!