開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シュナイダーエレクトリック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/09

「課題だらけ」のエッジコンピューティング運用、考慮すべき“3つのポイント”とは

ビジネスのデジタル化に取り組む企業が増えるのに伴って、データが発生する場所の近くでデータ処理する「エッジコンピューティング」が注目を集めている。なぜ、クラウドではなくデータ発生場所の近く(エッジ)なのか。また、実際に取り組むと、どのような問題に直面するのか。すでに取り組んでいる企業の事例も交えて、エッジコンピューティングの最前線とその運用方法を紹介する。

photo
エッジコンピューティングの拡大で企業が直面する新たな課題とは
(Photo/Getty Images)

エッジコンピューティングの拡大で、企業が直面する新たな課題

 企業にとって「データ活用」が重要であり、現在多くの企業が取り組んでいるデジタルトランスフォーメーション(DX)でも、データ活用は中核となる取り組みだ。

 そこで重要性を増しているのが、データの発生する場所の近くでデータを処理する仕組みを指す「エッジコンピューティング」である。IDCの調査によると、エッジコンピューティング市場は2024年まで年12.5%増で成長し、市場規模は2506億ドルに上るとされる。

 エッジコンピューティングでは、文字通り、クラウドではなくデータ発生場所の近く(エッジ)でデータの処理を施す必要がある。その理由は、あらゆるデバイスにセンサーが取り付けられ、膨大なデータが生成されるためだ。こうしたデータをすべてクラウドで処理することは、現実的ではない。特にリアルタイム性が求められる場合は、ネットワークの遅延が問題になる。

 たとえば自動運転や遠隔医療などで、すべてのデータをクラウドに送って処理していたら人命に関わりかねない。また、エッジで一時的にデータを蓄積し、必要に応じてクラウドに送ることで、パフォーマンスやコストを最適化できる。今後、5Gが普及すれば、こうした動きはさらに加速するだろう。

 ただし、企業がエッジコンピューティングを進めると、重大な問題に直面することになる。 それが、エッジコンピューティングで使用するIT機器の運用管理だ。エッジコンピューティングを実現するには、全国の拠点や店舗、工場、倉庫などに、コンピューティング処理を担うIT機器を設置することになる。

 では、これらの機器を一体「誰が」「どのように」管理すべきなのだろうか。すでに一部の企業では、「工場にエッジ処理用のサーバを置いたら、電源コードに足を引っかけて電源が落ち、重要なデータが失われてしまった……」といった声も聞こえる。こうした事態を防ぎ、安心してエッジコンピューティングを運用管理するために、企業がとるべき対策は何だろうか。

この記事の続き >>
・エッジコンピューティングの運用管理で着目すべき、「3つのポイント」
・エッジコンピューティングを支える環境には何が必要か
・ワインメーカーや学校の活用事例も、エッジコンピューティングへの万全の備えを
・エッジインフラの重要ポイントや最適ソリューションを動画で解説

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!