開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社東芝提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 2015/03/24
今こそ法人クライアント環境の見直しを 最新2inタブレットと節電型ノートによる新しいワークスタイル

グローバル化、市場環境の激化など、経営を取り巻く環境が厳しさを増す中、従業員ひとりひとりの仕事の形を見直す企業が増えてきている。そんな中、最も注目を集めるのが、クライアント環境の見直しだ。  特に商談時やプレゼンに効果を発揮しながら、デスクワークもこなせる「2in1デバイス」や、ハイスペックと省電力を兼ね備えた、「節電型スタンダードノート」など、最新のデバイスを導入し、作業効率を高めつつ、柔軟なワークスタイルを目指す、新しい形のオフィス改革が徐々に、大きな効果を収めつつある。 本企画では、2in1タブレットの代表モデルでもある東芝のdynabook R82と、節電型ノートPC dynabook Satellite B35 の紹介を通じて、新しいワークスタイルを紹介する。

特集記事





法人向け導入窓口
法人向け製品情報
Toshiba Direct

関連リンク

ご購入・導入のご相談はこちら


法人向け製品情報はこちら


Web直販モデルはこちら




 dynabook R82(東芝)
 CPU: インテル® Core™ M-5Y71 vPro™ プロセッサー
 OS: Windows 8.1 Pro Update
 メモリ: 4GB
 SSD: 128GB
 ディスプレイ: タッチパネル付き 12.5型 フルHD
 質量: 約1.41キログラム
 バッテリー駆動時間: 約10時間

 RT82(東芝)
 質量: 約699グラム

関連コンテンツ

企業が今導入すべきタブレットとは?エバンジェリスト、編集部の視点から徹底解剖します。

今、企業が導入すべきビジネス タブレット

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!