開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

コーナーストーンオンデマンド株式会社、株式会社スタジアム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/06
 サイバーエージェント人事部のデータ活用術 なぜ「数字で語れる人事」にこだわるのか

企業を動かしているのが「人」である以上、人をマネジメントする人事部門の重要性は変わらない。しかし、働き方改革や少子高齢化による労働力不足、テクノロジーの進化といった社会変化を背景に、人事の役割には大きな変革が起こっている。では、変化が当たり前のインターネット業界で、20年以上に渡ってトップを走り続けるサイバーエージェントの人事部門は、どのように変化と向き合っているのか。同社の人材科学センター、および人事部門でさまざまなデータ分析に携わってきた向坂 真弓氏に話を聞いた。

難易度もスピードも上がるビジネス、対応を迫られる人事部門

──まずは、向坂さまのこれまでの経歴からお聞かせください。

向坂氏:2003年に新卒でサイバーエージェントに入り、インターネット広告部門で営業を3年、マーケティングを5年勤めました。その後、家庭の都合で退社し、2016年に再入社しました。

 当初は、人事に入るとはまったく思っていませんでしたが、人事担当役員の曽山 哲人から「人事でマーケティングをやってみないか」と請われ、“人材科学センター”で現在の仕事を担当することになりました。

 曽山は、以前から「数字で語れる人事を作りたい」と言っていて、その実現のために2015年に設立されたのが人材科学センターです。

photo
サイバーエージェント
インターネット広告事業本部 人事推進局
向坂 真弓氏

──人事の仕事に携わって、人事部門が置かれている現在の状況をどう感じられていますか。

向坂氏:他社の人事部門の皆さんとお話しする機会も多いのですが、皆さん同じことをおっしゃいます。それは、「情報化によってビジネスの難易度とスピードが上がり、人事もそれに付いていかなければならない」ということです。特にここ数年は、その傾向が強くなっていると感じます。

 たとえば弊社であれば、突然、社長が「インターネットテレビ局を新事業として始める!」と言い出すわけです(笑)。これまでネット広告の代理店やゲームの制作をやっていた会社が、番組をプロデュースしたり作ったりできる人材を必要とするのです。

 同様のことは、他の会社でも起きています。たとえば、製造業の会社がITに進出するといったことが当たり前になっています。こうした動きに、人事は対応しなければなりません。

予想以上にアナログだった? サイバーエージェントの人事改革

──サイバーエージェントというと、データを駆使する最先端のインターネット企業というイメージがあります。人事も同様では、と思いますが。

向坂氏:決してそんなことはありませんでした。私自身、人事に配属され改めて「人事って、こんなにアナログなのか」と驚きました。

この記事の続き >>
・デジタル化から取り残されていた「人事」という業務
・データ分析で何が見えた?「ネット広告と同じ」なところとは
・分析によって「人を驚かせる結果を出そう」は見当違い
・「人事が変わらなければ!」とことさらに考える必要はない

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!