開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

マクニカネットワークス株式会社 / Nota株式会社 / 株式会社Zendesk 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/01/12
 損保ジャパンの凄すぎる「コンタクトセンターDX」、ボイスボットの絶大な効果とは?

コロナ禍はコンタクトセンターの在り方を根幹から揺るがした。多くの企業がオペレーターの安全確保のために在宅業務への移行に踏み切り、今もその理想形を模索している。そうした中、コンタクトセンターのデジタルシフトを進めてきた損保ジャパンの事例が、1つのロールモデルとなりそうだ。優れたカスタマーエクスペリエンスの実現は、AIチャットボットの導入、オンラインカスタマーセンターの開設など、形だけのデジタル化では達成できない。肝心なのは「ヒトとデジタルの融合」という。損保ジャパンのコンタクトセンターの改革に迫る。

「ツールありき」で迷走したデジタル化初期と大きな方針転換

 2015年、損害保険ジャパンはコンタクトセンターのデジタル化に向けて始動した。オペレーターの確保をはじめ、多様化する顧客ニーズへの対応、業務効率化、応対品質の向上を図るため、AI(人工知能)の活用やWebメニュー開発を進めたのだ。

 同社 カスタマーコミュニケーション企画部の福田晋太郎氏は、「当初は、AIを活用してどう無人化するか、Webメニューをどう増やすかという、ツールありきの開発スタンスになっていました。また、アドオン的な発想でメニューばかりを増やした結果、AIの育成は進まず、基幹システムの改修も達成できませんでした。現場からは『Web対応が増えて業務が煩雑になった』といった声も上がるような状態だったのです」と振り返る。

photo
損害保険ジャパン
カスタマーコミュニケーション企画部
福田晋太郎氏

 そこで2019年、同社はデジタル化の方針を大きく転換させる。開発思想を改め、「デジタル技術で顧客に簡単・便利なサービスを提供する一方で、ヒトが感動・信頼といった価値を提供する」というものに変更した。ヒトとデジタルの役割分担を前提とした協調を目指し、それに合わせた業務設計に取り組むことになったのだ。

 こうしたタイミングで、新型コロナの流行によりあらゆる企業の在宅ワークが進み、在宅におけるコンタクトセンター業務を可能にするノンボイス化のニーズも高まった。損保ジャパンのデジタル化もその波に乗り、AI音声自動応答サービス「ボイスボットによる、メインの電話対応業務のデジタルシフト」を進めることになったのだ。ここからは、損保ジャパンが実現したコンタクトセンター業務の最適化の実態を解説する。

この記事の続き >>
・電話とWeb双方の利点を生かすCX(顧客体験)の設計とは
・コンタクト業務の本丸、ボイスボットによる電話対応のデジタルシフト実現法
・スモールスタートで展開する開発体制の3つのポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!