株式会社クオリティア 、 HENNGE株式会社 、 NTTテクノクロス株式会社 、 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 、 株式会社プロット 、 株式会社エアー 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2023/04/21 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
あらゆる領域でセキュリティが求められる一方、「セキュリティ人材の不足」が深刻化している。その対策に苦慮している企業は少なくない。企業に最適な人材を確保し、限られたリソースで適切なセキュリティ対策に取り組むためにはどうしたらよいのだろうか。セキュアスカイ・テクノロジー取締役CTO、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会 代表理事、千葉大学非常勤講師である長谷川 陽介 氏に話を聞いた。

「専門性の細分化」によるセキュリティ関連職種の増加

 セキュリティの専門性が細分化している。それに伴い、仕事内容の異なる職種が数多く生まれ、今や「セキュリティ」というひと言で業務をくくれなくなっている。

 下の表はIPAによる「ITSS+(セキュリティ領域)」を抜粋したもので、セキュリティの専門性の細分化を示している。

画像
セキュリティの専門性の細分化

「左上の『セキュリティ監査』は、社内で決められたセキュリティのルールが守られているかどうかを調べるのが仕事の内容です。一方、右下の『脅威・脆弱性情報の収集・分析・活用』は、世の中でどんな脆弱性が生まれているのか、外に目を向けて社内にフィードバックする仕事です。向かう方向もやり方も違います」(長谷川氏)

 「セキュリティ人材の不足」が叫ばれて久しいが、採用企業側の、「セキュリティ人材が必要」のような言い方では、どの職種にあたるのかがあいまいすぎる。どのような役割、どのようなスキルを持つ人材が必要なのかの明確化が求められるのだ。

 以降では、こうした時代の変化を振り返るとともに、「セキュリティ人材の不足」課題と解消策を解説する。

この記事の続き >>
・なぜ企業のセキュリティ人材の採用は難しいのか?
・セキュリティ対策には人文系の知識も必要な理由
・「セキュリティ人材の不足」課題の掘り下げ 浮かび上がる3要素
・セキュリティを高めるために…チームとしてどう動くべきか

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます