NTTコミュニケーションズ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/10 掲載

ついに「社用車」もアルコールチェック義務化…見えてきた“負担”とその緩和策

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2022年4月から「白ナンバー」の車両を保有する事業者は、ドライバーのアルコールチェックと検査結果の記録を1年間保存するよう義務付けられた。その後、2023年12月にはアルコール検知器を使用した検査が義務化され、多くの企業がより効率的な検査方法や管理方法を模索している。検査結果の記録は紙やExcelでも可能だが、運用が煩雑になりがちだ。本稿では、「アルコールチェック」を効率的に実行するための手法を考える。
photo
安全運転の実施と自社の工数・コスト削減を「手軽に」両立するには?
(Photo/Shutterstock.com)

アルコールチェック義務化の対象が拡大

 2011年5月から、バスやトラック、タクシーなどのいわゆる「緑ナンバー」「黒ナンバー」を保有する運送業や旅客運送業の事業者は、アルコール検査機器の備え付けと点呼時にアルコール検知器にてドライバーのアルコールチェックを行うことが義務付けられている。この措置は、事業所内での安全確認を強化することを目的として講じられたものだ。

 2022年4月からは、これに加えて「白ナンバー」を5台以上扱う、もしくは乗車定員が11人以上の自動車を持つ事業者にも、ドライバーのアルコールチェックと1年間にわたる記録の保存が義務付けられた。加えて2023年12月以降は、アルコール検知器の使用も義務化されている。

 このようにアルコールチェックの対象が拡大した背景には、2021年6月に千葉県八街市で発生した飲酒事故がある。その事故では、下校中の児童5人が飲酒運転のトラックにはねられてしまった。こうした事故を二度と繰り返さないために、白ナンバーの車両を保有する事業者にもアルコールチェックが義務付けられたのである。

 事業者には、アルコールチェックの実施とともに、チェック結果の記録および保存が求められる。記録すべき項目には、確認者の名前、運転者の名前、運転者の業務に係る自動車の登録番号または識別記号、確認の日時、方法、酒気帯びの有無、指示事項などがある。記録方法については特に定められていないことから、企業によっては紙台帳やスプレッドシートといった管理方法を採用して運用開始した企業も多いだろう。

 しかし、日々の業務である点呼業務、いわゆる“アナログ管理”の方法では、ドライバー・管理者双方の負担が大きく、ともすれば、管理そのものの形骸化を招く。また、特に紙管理運用では、データ改ざんのリスクがある他、適切に保管なされていない場合、エビデンスの提出や監査時に予想以上のコストが発生する可能性がある。

 より手軽に、効率的にチェックを実施して記録まで行うには、どういった工夫が求められるのか。

この記事の続き >>

  • ・なりすまし対策まで実現する「シンプルな方法」とは?
    ・誤検知を防ぐために求められるたった1つのポイント
    ・コストをかけずにドライバーの業務効率化まで行うための秘訣

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます