SBクリエイティブ株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/06/14 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
サイバー脅威が急増する現代では、IoTデバイスへの攻撃の危険性も日々高まっている。ライフサイクルの長いIoTデバイスは無防備な状態でネットワークに接続されがちなため、攻撃の踏み台にされるケースが少なくないからだ。中でも、自動車に搭載するシステムは格好の標的として狙われている現状がある。自動車をめぐるサイバー脅威について、具体例を交えながら解説する。

自動車が直面するサイバー脅威とは

 近年の自動車はデジタル化が進み、「プログラムで走る」と言われるほどソフトウェアの比重が大きくなった。それに伴って、外部からの不正アクセスやマルウェアなどによる脅威も急速に増大している。

 昨今の自動車について、「ほとんどコンピューターで制御されているため、外部からのハッキングが成功すれば、第三者によるさまざまなコントロールが可能になってしまいます」と指摘するのは、京都産業大学情報理工学部教授の井上博之氏だ。

 井上氏は、外部ネットワークにつながる車載システムを搭載する「コネクテッドカー」を中心に、IoTシステムの情報セキュリティの研究を行っている。

 井上氏によると、自動車業界に特に大きな衝撃を与えた事例は、2015年に米国のセキュリティカンファレンス「BlackHat」で実演された「Jeep Hacking(ジープのハッキング)」だという。

 これはハードウェアに手を加えることなく、車内無線LAN装置を経由して車載コンピュータ(ECU)のファームウェアを書き換え、インターネット経由で自由にジープを遠隔操作するというものだった。これを契機に各自動車メーカーの情報セキュリティ対策が進んだと言われるほど、このデモが業界に与えたインパクトは大きかった。

「車両のデータを吸い上げるテレメトリングや、電子制御ユニット(ECU)の遠隔アップデート(OTA:Over the Air)、さらには自動運転や運転支援技術の進化・拡大で、自動車がネットワークにつながることは、今後の必須要件になっていきます。メーカーおよび関係者は、人材育成を含めた情報セキュリティの体制を、急ぎ整えていく必要があります」(井上氏)

 では、自動車を標的にしたサイバー攻撃には具体的にどんなケースがあるのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・テスラも狙われるハッキングの「怖すぎる手法」
    ・実験で判明した「なりすまし攻撃」の怖さ
    ・今後の自動車セキュリティに求められる人材とは

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます