日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/04/22 掲載

既存のオンプレ資産もキッチリ活かす、コンテナ/Kubernetes戦略とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
もともと開発者を中心に拡大したコンテナ技術は、いまや次世代の企業システムに不可欠な中核技術となりつつある。特に企業レベルでのコンテナ運用管理を実現するKubernetes(クーべネティス/クバネティス)は、世界中のIT企業が開発に参画する重要なプラットフォームとなるソフトウェアだ。とはいえ、オンプレミスに残すべき資産も多い中で、こうしたKubernetesのメリットを最大限に享受するには、どのようなITインフラ基盤を構築すればよいのだろうか。

photo
これからのITインフラのカギを握る「Kubernetes」をどう活用すべき?
(Photo/Getty Images)

コンテナ技術が求められる理由とKubernetesの登場

 AIやIoTなどのテクノロジーの進化に伴って、ビジネスを取り巻く環境は急激に変化している。求められるのは、変化に対応できる「スピード」だ。

 たとえば、現在は多くのB2C企業が顧客向けのスマホアプリを開発・提供している。顧客の要望やニーズを迅速に反映し、短いサイクルで機能やUIを更新していかなければ、競争力を維持することは難しい。

 ところが、その牽引役であるべきIT部門の多くは、求められる役割を十分に果たせているとは言いがたい。

 従来のIT部門にとっての最重要ミッションは、基幹系システムを安定的に運用することだった。しかし現在は、それに加えてクラウドを利用した迅速なソリューションの提案・開発も求められている。この2つの要求に同時にこたえることは、人手不足が常態化しているIT部門にとっては、相当にハードルが高い。

 こうした背景から注目されている技術が「コンテナ」だ。従来のサーバ単位の仮想化ではなく、アプリケーション単位での仮想化を実現したコンテナを活用すれば、開発の迅速化、サーバ管理業務の削減、ハイブリッドクラウド環境の統合運用が可能になる。その結果、基幹系システムの安定運用とスピード、迅速性の両立も見えてくる。

 中でも期待されているのがKubernetesだ。これは、コンテナを企業レベルで運用管理するためのコンテナオーケストレーターと呼ばれるソフトウェアであり、世界的なIT企業を中心とする 約580社以上(2020年12月時点)が参加するCNCF(Cloud Native Computing Foundation)により、オープンソースとして開発が進められている。

 しかし、多くの企業にとって、Kubernetesを導入して活用することは、決して簡単ではない。それはなぜか。

この記事の続き >>
・「8割」の既存システムはオンプレミスにとどまる?
・既存の資産もきっちり活かすコンテナ戦略とソリューション
・「クラウド移行が正義」とは限らない、クラウドネイティブ化への道

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​