株式会社Zendesk 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/29 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
「ロジスティクス4.0」と定義されるAI、IoT、ロボティクスといった先進技術活用の拡大が、物流業界の根幹を揺るがしている。次代のリテールビジネスにおいて存在感を発揮するには、この大変革に果敢に取り組み先駆者となることだ。「ロジスティクス4.0」により、具体的に何が起こるのか。すでに大きく動いているアマゾン(Amazon)、ニトリ、フェデックス(FedEx)、ザラ(ZARA)、アスクルなど、先進事例の数々から潮流をつかむ。

ロジティクス4.0で、リテールビジネスは戦略的投資の岐路へ

 ロジスティクス4.0による変革、つまり「物流の装置産業化」が進めば、物流のオペレーション上の差異が消え、流通・小売りのビジネスは、投資ビジネスに変貌する。

 「トラックや鉄道の登場による輸送の機械化」「荷役の自動化」「WMS(在庫管理システム)やTMS(配送システム)など物流管理のシステム化」という3つの革新を経て、ロジスティクスは4度目の大変革を迎えている。「ロジスティクス4.0のキーワードは省人化と標準化です」と語るのは、ドイツに本社を置く戦略系コンサルティングファーム ローランド・ベルガーのパートナー、小野塚 征志氏だ。

画像
ロジスティクス4.0は「物流の装置産業化」に当たる

 「省人化」では、人が作業している物流プロセスが機械に置き換わる。IoT、AI、ロボティクスなどの技術が普及する一方で、人手不足とコロナ禍が機械化、自動化を加速させる。自動運転トラック、ドローン、物流センター内のロボティクスは、まさに現実化しようとしている。今後10年、15年かけて、物流現場にいる人の数は減少していくことだろう。

 「標準化」は、現場がデジタル化し情報でつながっていくことを指す。川上から川下までの垂直的なつながりに加え、競合他社や業界の垣根を超えるシェアリングなど、水平的なつながりにもそれは及ぶ。トラック、在庫、交通、気象などの情報がシェアされ、最適化が進んでいく。

 人を集めてオペレーションを回すという現在の労働集約的な物流ビジネスは、今後ロボット、自動運転トラック、ドローン配備といった戦略的な投資ビジネスに置き換わっていく。ロジスティクス4.0によって、今、何が起ころうとしているのか。小野塚氏の解説とともに数々の企業事例をもとにひもといていく。

この記事の続き >>
・物流の装置産業化によるビジネスチャンス、3つの方向性
・先んじて物流機能に投資。Amazon、ニトリが引き寄せた利益
・GAFAすら目指せる!データビジネスのプラットフォーマーの可能性

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​