株式会社セゾン情報システムズ/株式会社G-gen/株式会社ユニリタ/株式会社プラスアルファ・コンサルティング/アステリア株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/18 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、各業界でさまざまな変化を求められている。生き残りをかけ、本格的なデジタルトランスフォーメーション(DX)を行う企業も多い。そのような中、丸亀製麺ではお客さまに選ばれるブランドを目指して、社内外から集めたデータを活用・分析したマーケティングに力を入れている。具体的には、どのようなデータを、どのように活用しているのだろうか。丸亀製麺 マーケティング統括部 ブランド戦略部 グロースアナリシス課・課長である間部 徹氏に聞いた。

丸亀製麺が選ばれる理由は、おいしさ+マーケティング戦略

 「店内製麺・手づくり・できたて」というこだわりのうどんを手ごろな価格で食べられる丸亀製麺。トリドールホールディングスが展開するブランドの1つだ。2021年12月末時点で、日本国内に835店舗、海外に219店舗を構える。

 丸亀製麺の競合は多く、うどんチェーン店のほかにも、外食や中食を扱う店、コンビニエンスストアなども該当する。そのような激しい競争の中でも、丸亀製麺は多くの人に愛され、利用されている。

 人気の秘密は、うどんのおいしさや価格などはもちろんだが、特筆すべきはデータを活用したマーケティング戦略にある。マーケティング統括部 ブランド戦略部 グロースアナリシス課・課長の間部 徹氏は「データをしっかり活用して消費者を深く理解し、お客さまに選ばれるブランドであり続けられるような施策を実行する、データドリブンカンパニーを目指しています」と語る。

この記事の続き >>
・丸亀製麺の「情熱」と「冷静さ」を併せ持つマーケティング戦略
・未来を創る「グロースアナリシス課」の3つのミッション
・丸亀製麺の戦略的なデータ活用、3つの事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


関連コンテンツ


処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​