シーメンス株式会社/UiPath株式会社/株式会社電通国際情報サービス 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/16 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
基幹システム(ERP)のデファクトスタンダードともいえるSAP ERP6.0の保守期限が、2027年に迫っている。とはいえ、焦ってERPを単純に移行すれば良いというわけではない。ビジネス変革のスピードアップが求められる今、いかに既存のERPを次世代のデータ活用基盤として生まれ変わらせるのかが重要となっているのだ。企業内外のデータをERPやクラウド基盤と連動させる、データ活用の仕組みづくりとその先行事例を、元SAPのフロンティアワン 鍋野敬一郎氏に聞いた。

ERPは「ハイブリッドな情報活用基盤」へと生まれ変わる必要がある

 今、日本企業をさまざまな“脅威”が取り巻いている。長引くコロナ禍に加えて、原材料・資材の高騰、中国・アジア諸国の経済成長鈍化による需要減退、気候変動による気象災害と脱炭素の潮流、そして米中対立による貿易への影響。そこに、ロシアによるウクライナ侵攻と超円安も加わった。これまでの知識や経験が通用しない状況のもとで、多くの企業が先送りできないさまざまな判断を迫られている。

 こうした環境の中、ますます求められているのが「迅速な経営判断」である。しかし、速やかに適切な決断を下すことは、レガシーなERPのままでは難しいだろう。もともと財務系の情報が中心のERPに、工場や物流上の制御・運用といったOT(Operational Technology)情報を連携させ、データ統合・活用していく必要がある。

「既存のERPを生かしながら、社内外のデータやクラウド基盤とシームレスに連動させた、『ハイブリッドな情報活用の仕組み』を構築することが重要です」

 そう語るのは、これまでERP/SCM、MES/MOM、IoT導入、クラウド統合データ基盤(データレイク)開発などで多くの実績を持つフロンティアワン 代表取締役の鍋野 敬一郎氏だ。

 では、具体的にどのように構築していけば良いのだろうか? ここからは、鍋野氏が手がけた先行事例に、最新のトレンドを盛り込みながら解説していく。

この記事の続き >>
・サプライチェーン再編の基盤となる統合クラウドプラットフォーム
・横河電機の事例:IT+OTのクラウド基盤によるデータ連携とデータ活用
・「外向きのDX」を加速・深化するための第1ステージを目指して

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​