WovnTechnologies株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/25 掲載

日本企業の弱点は「失注の多さ」、川崎重工業、AGC、ケルは何を変えたか?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
見落とされがちな日本企業の弱点として「失注の多さ」が挙げられる。その最大の理由となっているのが「言語の壁」だ。たとえば、製品資料や製品紹介サイトの外国語対応を進めていないために、そもそも海外からの注文を受けられない状況になっていたり、海外から直接問い合わせがあったとしても対応にあたふたしてしまい失注するケースが多い。「言語の壁」を乗り越えられない日本企業は機会損失を起こし続けているのだ。こうした日本企業の問題を解決する方法はあるのだろうか。

photo
日本企業の弱点「失注の多さ」の原因とは?
(Photo/Getty Images)

日本企業は“ものづくり”より「失注を減らすこと」に注力すべき理由

 日本企業の停滞が指摘されて久しい。しかし、製造業であればベアリング技術や工作機械など、海外企業から見ても日本企業が魅力的な製品を開発しているのも事実だ。そうであるにも関わらず、なぜ日本企業は停滞し続けているのか。

 その理由として「取引を失注してしまう体質」が挙げられる。日本企業を見ると、そのほとんどが自社製品を紹介する日本語版のWebサイトしか用意しておらず、外国語サイトを用意できている企業は数えるほどしかいない。

 また、外国語対応と言っても英語のみの対応に留まり、中国やスペイン、ブラジルなど、他の国の言語には対応できていない。そのため、急な海外の大口顧客からの問い合わせがあったとしても、製品資料の翻訳などに時間やコストをかけてしまい、その間に商談を取りこぼすケースが多いのだ。このように、日本企業はWebサイトの多言語展開ができないために大きな機会損失を生んでしまっている状況がある。

 とはいえ、日本語版のWebサイトをあらゆる国の言語に変換するには、開発コストがかかりすぎるほか、多言語化を主導できる人材も少ないというのが企業のホンネだろう。課題は認識しつつも諦めている企業は少なくない。

 しかし、ネットを通じて世界中とつながることができる時代において多言語対応を怠れば、日本企業が見向きもされない状況にもなりかねない。ここからは、さらに「言語の壁」を放置することによるデメリットを解説するとともに、それらを解決する方法を考えたい。

この記事の続き >>
・「言語の壁」が成長を妨げる理由
・Google翻訳では不十分と言えるワケ
・「改修なし」でWebサイトを多言語展開できる理由
・成功するグローバル企業、川崎重工業・AGC・ヤンマー・ケルの共通点とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​