アイレット株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/09/28 掲載
記事をお気に入りリストに登録することができます。
製造業分野でのDXの推進に欠かすことのできないIoTの活用。ここ数年で、センサーなどからのデータ取得による製造現場の可視化は進んだものの、遠隔での自動制御の実現にはまだ課題も多い。コロナ禍により働き方が変化した現在、IoTの活用による安定的な自動制御や遠隔操業は急務だと言えるが、その実現には「エッジコンピューティング」という技術が重要だ。 本記事では、IoTエッジコンピューティングの活用によってDXを実現する方法を、具体的な導入事例を交えて、INDUSTRIAL-X代表取締役CEOである八子知礼氏が解説する。

IoTは普及したが、次なる課題が見えてきた

 いまや、どの業界においても必要性が叫ばれているDX。DXを進めるにあたって、製造業分野を中心に重要となるのがIoTへの取り組みだ。

「IoTとは『Internet of Things』の略称で、モノをインターネットに接続する技術です。現実の世界をさまざまなセンサーによって可視化し、データを収集し、クラウド上にそのデータを蓄積します。そのデータを『デジタルツイン』と呼ばれる、物理空間から取得した情報をもとにデジタル空間に物理空間を再現する技術を活用して分析し最適化するソリューションが登場しています。この7、8年の間でさまざまな企業がIoTに取り組んだ結果、IoTの可視化が進んできたということが言えるでしょう」

 そう話すのは、DXに必要なリソースをサブスクで包括的に提供している企業、INDUSTRIAL-X代表取締役CEOの八子知礼氏だ。

 だが、普及が進んできたIoTについて、デバイスに設置したセンサーによる可視化は進んでいるものの、「その先」にはまだ至っていないというのが八子氏の見解だ。同氏は「次なる課題は、制御領域への取り組みである」と指摘する。下の表は、IoTをめぐる状況と課題について整理したものである。

この記事の続き >>
・なぜ「制御領域」がIoTにおける今後の課題なのか?
・IoTにおける遠隔操作や自動化のカギとなる「エッジコンピューティング」
・顔認証とも相性抜群、IoTエッジコンピューティングの活用事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​