• 会員限定
  • 2023/12/21 掲載

若者は努力しない…?なぜ「製造人材」が育たないのか、脱昭和できない“ヤバい”現実

連載:目をそらしてはいけない、製造現場のリアル

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
とにかく人手が足りない。効率化も一杯一杯で、コストも限界まで切り詰めている。改善しようにも、人材を育てるにも、その時間やお金に余裕がない。企業によって状況に差はあるものの、製造現場は多かれ少なかれ、こうした思いを抱いている。製造業を取り巻く状況は厳しくなる一方だが、ものづくりのやりがいや楽しさを取り戻し、その中で人が育って、生かされるという好循環を生み出せないものか。本連載第1回では、製造現場における人の問題を取り上げ、現場の声も交えて問題を掘り下げていく。

執筆:ジャーナリスト 加賀谷 貢樹

執筆:ジャーナリスト 加賀谷 貢樹

1967年生まれ。茨城大学大学院人文科学研究科(修士課程)修了後、産業・環境機器メーカー兼商社に勤務。1998年7月に独立し、ビジネス雑誌、オピニオン雑誌、新聞等に寄稿を開始する。ビジネス・経営分野などで執筆を行うかたわら、全国の「ものづくりの街」を訪れ、各地の元気なものづくり企業や技能者への取材を多数行ってきた。著書に『中国ビジネスに勝つ情報源』(PHP研究所)などがある

photo
製造現場にはびこる暗い影とは
(Photo/Shutterstock.com)

中小製造業の59%が「深刻」と感じる人手不足

 日本のあらゆる業種業界の現場が、慢性的な人手不足に陥っている。介護・看護、宿泊・飲食をはじめとする非製造業が特に深刻だが、製造業でも現場の人手はひっ迫している。

 日本商工会議所と東京商工会議所が全国47都道府県の中小企業6013社を対象に行った「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査」(2023年7~8月実施)によれば、製造業では、人手不足が「非常に深刻(人手不足を理由とした廃業等、今後の事業継続に不安)」な企業と、「深刻(事業運営に支障が生じている)」な企業を合わせて59.4%に上る(図1)。

画像
図1:中小製造企業は59.4%が、人手不足が「深刻」あるいは「非常に深刻」と感じている
(出典:日本商工会議所・東京商工会議所「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査」より筆者作成)

 大企業でも人手不足感が強い。2023年12月の日銀短観を見ると、「最近」の雇用人員判断D.I.は、製造業の大企業が-16ポイント(製造業の中小企業は-23ポイント)だった。雇用人員判断D.I.とは、人員が「過剰」と答えた企業の割合から「不足」と答えた企業の割合(ともに%)を差し引いた数値だ。マイナスの幅が大きいほど雇用不足感が高い。

 今後3カ月の見通しを示す「先行き」の同D.I.は、大企業が-17ポイントで中小企業が-29ポイントと、いずれも「最近」の数値を上回っている。製造業では、大企業も中小企業も今後、人手不足が深刻化すると見ているということだ。

 では、現場の肌感覚はどうなのか。関東地区の某部品メーカーで技術開発責任者を務めるA氏は、「10年前は10人でやっていた仕事を、今は3人でこなしている感じ」だという。

「今は人が足りません。だから個人の負担が何倍にもなります。そして、1人ひとりがこなしている仕事の量が大幅に増えているのに、給料は下がる。残念です」(A氏)

 少人数で仕事をこなすために、現場が猛スピードでフル回転している。その中で、いったん立ち止まり、何が問題で、どうすればこの状況から抜け出せるのかを考える余裕もないまま、現場が疲弊している。

現場は「ジタハラ」に嘆いている…

生成AIで1分にまとめた動画
 人手不足の状況は企業によって異なるが、製造現場が今、厳しい状況に置かれていることは事実だ。最近まで上場企業の大手機械メーカーに勤務していたB氏は、こう疑問を投げかける。

「1案件ごとにかかる個人の仕事の負荷を減らせれば、そのぶんリソースを有効活用できるはずです。空いた時間で日常業務の改善について考えることも、人材育成を行うこともでき、何か新しいことにも取り組めるでしょう。ところが、その空いた時間に新たな仕事を入れられてしまい、振り返りや改善を行う余裕が生まれない。会社が朝から晩まで常に忙しい状況が、果たして良いことなのか」

 あくまで現場の感覚としてだが、とにかく余裕がない。改善が必要なことは嫌というほどわかっているが、その時間がない。

 液晶ディスプレイ製造装置で世界的なシェアを持つ産業用生産設備メーカー、プレマテック(長野県茅野市)技術部の土橋 美博専任部長は、製造業における一般的な傾向として、こう指摘する。

「問題なのは、納期が間に合わなければ、休日にも出勤してきて対応することを求める精神論。今求められているのは、『いかに短時間で対応できるようになるのか』という業務改善なり『仕事の工数の適正配分』です。昭和の高度成長期のような仕事をしていてはいけません」

 ただでさえ、ひっ迫している現場に「ジタハラ」(時短ハラスメント)がさらに拍車をかける。労働法制が厳しくなり、残業禁止令が社内で出される。長時間労働を削減するのは良いことだ。しかし、時短に先立つ仕事のプロセス改善や、非効率な業務、重複している作業などの削減・見直しなどが見落とされてはいないか。

 業務改善や作業工数の適正配分を欠いた残業削減は、現場をさらに疲弊させる結果に終わる。そして、人手不足、そこから来る現場のひっ迫した状況は、人材育成にも暗い影を落としている。

photo
次のページでは、人材確保・育成における製造現場の課題感について深掘りし、良いものづくり現場の在り方を考察していく
【次ページ】若者は努力しない…? 3割が問題視する「人材育成の課題」

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

~人的資本の最適配置をどう実現するのか?~ サイバーエージェントの人員計画を大解剖

サイバーエージェントの人員計画の作り方を徹底解剖 ・このような方におすすめ ・サイバーエージェントの人員計画に興味のある方 ・人員計画の作り方について、他社事例を学びたい方 ・サイバーエージェントの抜擢人事の極意を知りたい方 ABEMAをはじめとするB to C領域での存在感も高め、破竹の勢いで成長するサイバーエージェント社。 同社が次の時代を捉えた戦略的な積極投資で事業領域を広げていることは周知の事実です。 ?しかし、同社の躍進はカルチャーの浸透を軸に、事業計画に連動する適材適所の人員計画と人事制度なしには語れません。 人的資本開示が義務化されて初の決算を終えた今、改めて最先端をいく同社の人員計画の作り方や人的資本に関する取り組みを解剖するセミナーを開催いたします。 ?今回はサイバーエージェント社を初期から支え、CHOとして同社の人事領域を形作られてきた曽山氏をお招きし、同社の人員計画の極意に迫ります。 ?当日のテーマは以下です。 ・良い人員計画と悪い人員計画 ・サイバーエージェント社の人員計画の作り方のポイント ・抜擢人事の極意 ?人員計画に関わる全ての人事の皆さま、そして事業計画との最適化を経営目線で見る経営企画の皆さまにとって学びのある60分を提供いたします。 ぜひご参加ください。

オンライン

~P&G・マクドナルド・レノボ出身のFP&Aアドバイザーが語る~ 自社に合ったFP&Aの始め方

明日から取り掛かる、FP&Aの始め方 このような方におすすめ ・P&G/マクドナルド/レノボ出身のFP&Aプロフェッショナルによる事例解説に興味のある方 ・明日から取りかかれるFP&Aの始め方を知りたい方 ・グローバル基準のFP&Aを自社に合った方法で取り入れたい方 ・直近5年間で、日本企業においてもFP&Aや経営管理体制の構築の重要性についての理解が深まっています。 一方でその実行となると、「全社を巻き込むのが難しい」「どこから取り組めばよいか分からない」「取り組み事例を知りたい」といったお声を多く頂戴しており、ロールモデルに対するニーズが高まってるのが現状です。 そこで、今回はP&G・マクドナルド・レノボといったFP&A先進企業で日本子会社のCFO・FP&Aをつとめ、現在はFP&Aアドバイザーとして数多くの日本企業のFP&A実装に尽力されている池側氏をお招きし、事例をベースに「明日から何に取り組めばよいか」をご理解いただけるセミナーを開催いたします。 当日のテーマは以下です。 ・P&Gなど先進欧米グローバル企業のFP&Aとは ・FP&Aを実装している日本企業の事例 ・自社に合った形でFP&Aを始めるには 他社のFP&Aのお取り組みを知りたい方、FP&Aの高度化を推進したいマネージャー・経営層の方にぜひご参加いただけますと幸いです。

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます