開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

PTCジャパン株式会社提供コンテンツ

  • 2014/09/04

導入事例

ホワイトペーパー
【コニカミノルタ事例】納期遵守率を98%に維持しながら、さらなる補修部品の在庫最適化へ
コニカミノルタは、PTC Service Parts Management(SPM)を利用し、補修部品の在庫管理を中心とした業務改革を長期間にわたり取り組んでいる。2003年のコニカとミノルタの経営統合を機に、補修部品の在庫最適化プロジェクトがスタートした。それに伴い、最終購買の最適化や中国への物流拠点集約における調達ルート変更対応など、あらゆる場面でSPMを活用しながらノウハウを蓄積し、いまでは8万点あまりの部品在庫を700のセグメントでグループ化することで最適化している。本資料では、この取り組みについてのインタビューを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●経営統合を成功に導く、補修部品の在庫最適化に向けた取り組み
●SPM導入後、段階的に適正水準へ
●最終購買の計画立案にも活用
●物流の中心を中国に移管
●最終購買部分のさらなる進化とアジア展開

下記のダウンロードボタンをクリックすると、

ファイルのダウンロードを開始します。

Internet Explorerの場合、さらに画面上部に表示される

「情報バー」をクリックして、ファイルのダウンロードを選択してください。

2時間でこのリンクは無効になります。

所定の時間内にダウンロードしてください

(ファイルサイズ:538.43 KB)

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!