開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NTTコミュニケーションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2017/03/10

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】通販大手のフェリシモは、いかにして「苦情」「電話の取り逃し」をなくしたか?
1960年代、業界に先駆けてカタログ通販を開始したフェリシモ。同社のコンタクトセンターでは、固定電話からはフリーダイヤル、主に携帯電話からは一般電話番号で受け付けていた。しかし、携帯電話を利用されるお客さまが増加した結果、間違い電話などの苦情が多発。コールの取り逃し対策も急務となった。そこで同社が、コンタクトセンターの運用改善を目指して導入したのが、「ナビダイヤル」だ。なぜナビダイヤルを選択したのか? 同社のCS部コンタクトセンター長・菅 浩一氏に話を聞いた。
ページ数:2ページ
<概要>
  1. 間違い電話などの苦情が多発。コールの取り逃し対策も急務に…。
  2. ナビダイヤル導入を契機に、コンタクトセンターの運用改善を目指す。
  3. 苦情問題は解消。さらに、トラヒックデータ活用で人員の適正配置を実現。
  4. トラヒックデータの分析結果を活かして、今後の商品開発の材料に。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!