開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社サテライトオフィス提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/04/16

技術文書

ホワイトペーパー
既知の脅威の9割以上がDNSを悪用、今こそ求められるDNSレイヤーでのセキュリティ対策
クラウドが当たり前になったいま、「社内と社外の境界を守る」という従来の考え方は通用しなくなった。特に最近は、DNSを介した攻撃が急増し、「既知の脅威」と判断されたマルウェアの約9割がDNSを使用している。そこで重要になるのが、DNSレイヤーでの保護だ。Cisco Umbrellaは、DNSの設定を変更するだけで、DNSレイヤーでランサムウェアや標的型メール、ウイルス、フィッシングなどの対策を実現できるクラウド型のセキュリティソリューションだ。手軽に利用できて非常に効果の高いセキュリティ対策として、ぜひ注目したい。
ページ数:31ページ
内容(抜粋)
●クラウド時代のセキュリティ事情
●Cisco Umbrellaとは?
 ・Cisco Umbrellaでできること
 ・Cisco Umbrellaの仕組み
 ・TALOS Japanについて
 ・導入方法とコスト
●Cisco Umbrellaのトライアル利用

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!