開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

スターコンサルティング株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/05

技術文書

ホワイトペーパー
海外子会社の不正を防ぐための「失敗事例」と「チェックリスト」
海外子会社の不正事例が後を絶たない。なかなか表舞台には現れないが、海外子会社に対する統制不備として相当数のケースが発生しているのが実態だ。本資料では、海外子会社における統制上の不備の具体的な4つの事例を紹介。IT統制側面から見たレベル別のチェック項目を整理するとともに、海外子会社のIT統制の向上に向けた具体的なヒアリング項目の一部をリスト形式で公開する。
ページ数:18ページ
内容
●事例1:現地従業員による不正
●事例2:原価がおかしい
●事例3:PJが進んでいない
●事例4:億単位の滞留債権
●海外子会社IT統制のレベル
●レベル1チェック項目(システム・実務把握)
●レベル2チェック項目(ガバナンス適用)
●レベル3チェック項目(ガバナンス強化)
●具体的なヒアリング項目(レベル1)

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!