開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

アセンテック株式会社、シネックスインフォテック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/10/31

製品資料

ホワイトペーパー
市役所、流通業、サービス業…ハイパーコンバージドインフラが“ハマる”3つの事例
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、シンプルな運用と拡張性の高さが評価され、今後も成長が続くと予想されている。HCIは、低コストで手軽にスタートでき、専用ハードウェアによるデータ圧縮や重複排除、インメモリ処理による性能面での評価も高い。今回紹介するHCIは、仮想化ソフトウェアとしてVMwareに加えてマイクロソフトのHyper-Vにも対応し、適用の幅が広がった。本資料では、HCIが"ハマる"3つの事例を解説。「HCIとは何か?」という基本も説明されているので、HCI製品選びの入門書としてもおすすめだ。
ページ数:23ページ
内容(一部抜粋)
●ハイパーコンバージド市場とSimpliVityについて
・まだまだ需要がある市場
・そもそもハイパーコンバージドインフラ(HCI)ってなに?
・難しいことをシンプルにする"Intelligent Storage"
●Hyper-Vにも対応スタート!
●HPE SimpliVity History
●HCIが"ハマる"3つの事例
・事例1:短期間での導入に! 公共(市役所)
・事例2:ワークスタイル変革の実現に! 流通業
・事例3:コスト削減に! サービス業
●価格・キャンペーン

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!