開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/01/30

技術文書

ホワイトペーパー
データ・マネジメントに「ハイブリッド思想」が重要なワケ
データ分析をビジネスに活用できている企業は、わずか15%だと言われている。今、企業に求められるのは、構造化/非構造化などデータの種類にとらわれず、どこに格納されているかを意識することなく、さらに、どのような種類のワークロードでもデータを活用できる“ハイブリッド”なIT基盤だ。本資料では「ハイブリッド データ」「ハイブリット デプロイメント」「ハイブリット ワークロード」を軸に、今後必須となる「ハイブリッド・データ・マネージメント」のあり方を紹介する。データ駆動型ビジネス実現に向け、ぜひ参考にしてほしい。
ページ数:16ページ
内容(抜粋)
● データ分析をビジネスで活用している企業は15%という現実
● なぜ、ハイブリッドでデータ管理する必要があるのか
● どんな構造/環境でもデータ活用できる仕組みとは
● オンプレからクラウドまで、あらゆる要件をカバーする仕組み
● 分析の高速化とコスト低減を実現する「HTAP」とは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!