開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Netskope Japan提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/12/15

技術文書

ホワイトペーパー
クラウドセキュリティの基本、ゼロトラスト、SASE、アダプティブトラストを理解する
テレワークとクラウド活用が広がったことで、よく聞くようになった言葉が「ゼロトラスト」だ。これは、ユーザーやデバイスの信頼性を継続的に検証し、リスクの低減やビジネスアジリティを高める新しいセキュリティの考え方である。そして、ゼロトラストの考え方に沿ったセキュリティ対策のモデルが「SASE(Secure Access Service Edge)」だ。本資料では、今後のセキュリティ対策の基本となる「ゼロトラスト」「SASE」、そして継続的に信頼を検証する「アダプティブトラスト」という概念について、その意味・関係性を説明する。さらに、その実現方法を5つのフェーズに分けて整理する。クラウド時代のセキュリティの基礎知識として、ぜひ押さえておきたい。
ページ数:16ページ
内容(一部抜粋)
●なぜ今、ゼロトラストが注目されている
●SASEアーキテクチャとは
●ビジネスとユーザーにもたらされる成果
●継続的なアダプティブトラスト実現に向けた5つのフェーズ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!