開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

WovnTechnologies株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/06/23

技術文書

ホワイトペーパー
三井住友カードやヤンマーも なぜ「多言語化DX」がビジネスチャンスになるのか?
在留外国人や訪日外国人の増加、越境EC市場の急成長、日本の株式市場で約70%を占める海外投資家、さらには従業員の多国籍化など、企業には外国人を対象としたさまざまな戦略が求められている。中でも重要なのが、Webサイトの多言語化だ。ECサイトはもちろん、コーポレートサイトや社内ポータルなど、外国人にも使いやすいWebサイトの提供が求められているからだ。ただし、その構築・運用は容易ではない。そこで本資料では、1万8000サイト以上に導入され、43言語に対応したWebサイト多言語化ソリューションを解説する。カード会員サイトを多言語化した三井住友カード、世界約3000人の全社員が毎日見る社内ポータルを多言語したヤンマーホールディングスの事例なども紹介されているので、ぜひ参考にしたい。
ページ数:25ページ
内容(一部抜粋)
●企業に外国人戦略が求められている背景
●多言語でのDXが加速
●導入事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!