開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

インフォアジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/11/24

【コマツ事例】ダントツ商品開発とグレーターアジア戦略を支えるグローバル統合部品表システム

新興市場に経営資源を集中投資するグレーターアジア戦略と、競合他社を圧倒するダントツ商品で、いち早くグローバル化を進めてきたコマツ。2001年からV字回復を果たした同社の戦略を支えたのが「グローバル統合部品表システム(G-DMS)」だ。自社のITシステムの中で、何を社内に持ち、そしてどこをパッケージとして活用するのか。小松製作所 情報戦略本部 デジタルエンジニアリンググループ 横堀 達也氏が語った。

コマツの成長を支えるグレーターアジア戦略とダントツ商品開発

photo
小松製作所(コマツ)
情報戦略本部
担当部長
横堀 達也氏
 他社に先駆けてグローバル化を進めてきたコマツだが、現会長の坂根正弘氏が社長に就任した2001年は、創業以来、はじめて赤字決算を行うなど、苦戦を強いられていた。そうした中からV字回復を果たしたコマツの原動力となった戦略がグレーターアジア戦略と、ダントツ商品の開発である。この両戦略に共通するのが「選択と集中」だ。

 グレーターアジア戦略とは、アジアを戦略市場と位置付け、経営資源を集中投資するというもの。2001年当時は全体の2割に過ぎなかったが、昨今では6~7割を占めるまでに急成長させた。横堀氏は「日本だけでは頭打ちなのは見えており、コマツは海外に出て行くことが必須だった」と振り返る。

 一方、ダントツ商品開発とは、文字どおり他社を圧倒するダントツした機能の開発に資源を集中することだ。ハイブリッドの油圧ショベル車、鉱山で活躍する巨大な無人ダンプ、世界中の建設機械の稼働状況をGPSを用いてモニターできるシステム「KOMTRAX」などは、業界関係者以外にも知られたダントツ商品として有名だ。

 こうした中、同社が構築したグローバル統合部品表システム(G-DMS)は、「コマツの戦略を支えるうえで欠かせないシステムだった」(横堀氏)。

このページのTOPへ


グローバルでの共同開発環境を実現した統合部品表システム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!