開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/18

フラッシュとSDS、2つの技術が融合したデータ基盤は何が違うのか?

ビジネスにおけるデータの重要性の高まりを受け、大量データの管理と活用のために実装が進んでいるストレージ技術が、「フラッシュ」と「SDS」だ。両技術が融合したストレージシステムにはどのような革新があるのか。

photo
最新技術を取り込んだデータ基盤は何が違うのか
(©taa22ISS - Fotolia)

フラッシュとSDSがシステムに与えるインパクト

 IoTなどを活用したデジタルトランスフォーメーションの進展によるデータ急増に伴い、その格納先であるストレージには、大量データを短時間に処理するための「処理性能」と、迅速かつ容易にストレージ容量を追加するための「拡張性」が、より強く求められるようになった。

 そのために今、脚光を浴びる技術が、「フラッシュ」と「SDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)」である。理由は明らかだ。物理的な読み取り処理が電子化されたフラッシュドライブは、物理的な動作が必要な従来からのHDDよりI/O性能や応答性能が格段に高い。

 また、SDSはソフトウェアによる論理的な構成変更などを可能にすることで、ストレージの購入、設置、設定といった人手と時間のかかる作業を大幅に削減し、迅速な構成変更や容量追加、効率的なストレージ資源の活用を可能とする。

 データドリブンを指向する企業にとって、両技術の価値の大きさは改めて説明するまでもないだろう。フラッシュとSDSはデータ活用の点で、ストレージだけでなく、あらゆるシステムの進化を加速させる技術ともいえる。

 では、研究の最前線では何が起こっており、どんなテクノロジーが製品に反映されているのだろうか。
この記事の続き >>
・2,400億円の研究開発費から見えてきたもの
・フラッシュの技術特性を超えるためのIBM独自の工夫
・将来にわたり安心できるストレージ基盤の構築

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!