開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/25

データレイクの“沼化”を防いでAI活用を実現する「最強の」データ整理術

いまやデジタル・トランスフォーメーション(DX)による変革を目指す企業にとって、AI×データの全社的な活用は避けられない。しかし、学習モデルや分析用のデータがすぐに見つからない、探せてもそのままでは使えない、といった課題のせいでプロジェクトを推進できないことも多い。そんな企業のために、いま本当に求められるデータプラットフォームの要件と解決のアプローチ、さらに具体的なソリューションとは何かを解説しよう。

photo
データを活用するためには、データをきちんと整理しないといけない
(Photo/Getty Images)

「AI導入」の前に、対処しなければいけないことがある

 IBMの調査によれば、いまや82%の企業がAIを導入、または検討中という結果が出ており、多くの企業がAIを活用しようとしている。さらにAIに取り組む先進企業のうち、28%が新たなインサイトや価値を創出し、高い業績を示している。

画像
8割以上の企業がAIを導入、または検討しているが、そのうち業績を上げている企業は3割弱という結果に留まっている

 もちろん、残りの企業もAIの活用によって結果を出したいと考えているようだが、まだ効果は限定的だ。

 大抵の企業は社内にデータが散在し、どこに何があるかも見えていないという根本的な問題を抱えている。たとえデータを見通せてもデータを取得しづらかったり、データから分析モデルを作れても、何を参照しているのか把握しづらかったり、分析を自由に試行錯誤できる環境がないのだ。

 また単にAIを導入し、効果測定だけで終わるのでなく、ライフサイクルを回しながら分析モデルをブラッシュアップしなければ、より良い効果も上がらない。

 こういった課題を解決するには、何をすればよいのだろうか。

この記事の続き >>
・AI本格導入にはどんな準備が必要?
・理想的なデータプラットフォームの形
・AI x データのPDCAサイクル全体をサポートする「IBM Cloud Pak for Data」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

データをためる
(COLLECT)

データをつなぐ
(ORGANIZE)

データを分析する
(ANALYZE)

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!