開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Dynatrace合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/02/05

DXのポイントは「守り」だった? 管理コストを削減しながらDXを加速させる秘訣とは

ビジネス成長のカギを握るデジタルトランスフォーメーション(DX)。その実践のため、自社のオンプレミス環境をクラウド上に移行するクラウドマイグレーションやクラウドネイティブ技術の活用に取り組む企業が増えている。しかし、そうしたDXの取り組みの裏で見過ごされがちなのが、運用や管理のコストだ。DXの成功には、管理や運用にフォーカスした「守り」の取り組みも必要不可欠なのだ。

photo
DXで複雑化するインフラ管理はどうすれば自動化・効率化できるのか?
(Photo/Getty Images)

疑心暗鬼を招く「無駄なアラート」

 いまや、あらゆる業種・業態でDXの推進が求められているが、うまく実現できている企業は多くない。実はその原因の1つに、DXの運用や管理、いわゆる「守り」の戦略を顧みず、新しい技術をどんどん導入してしまうことが挙げられる。

 IT環境がクラウド化し、システムのリリースを短期化するDevOpsや、コンテナやマイクロサービスなどのクラウドネイティブ技術を取り入れて開発の単位や期間が縮小すれば、一方でシステムの監視などの手間は増えていく。作業負荷の増大は、DXを阻害する要因にもなり得るため、本当にDXを成功させるためには「守り」をおろそかにするわけにいかない。

 DXの「守り」における課題の1つが、IT運用部門が受け取るアラートへの対応だ。デジタル化によって、システム監視ツールが通知するアラート数は増加してしまう。しかも、そのすべてに何らかの対応が求められるわけではなく、運用担当者が調査した結果、「対応が不要なアラート」と判明するケースも少なくない。

 無駄な作業は、運用担当者の負担となるだけでなく、ミスの誘発やモチベーションの低下にもつながる。また、度重なる不要な通知は、運用担当者に疑心暗鬼を生じさせ、アラート自体の信用性も損なわせる。こうした悪循環はDXを妨げ、ビジネス成長を押し留める足かせともなるだろう。

 では、DXにおける「守り」の課題を、いかにして解決すべきなのだろうか。ここで重要な役割を果たすのがAIだ。

この記事の続き >>
・クラウド自らが異常を検知する「オートノマスクラウド」とは?
・「AIOps」や「NoOps」でDXにおける強固な「守り」を実現
・米キーバンクのCX向上事例や、SAPが問題解決時間を60%まで短縮した事例

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!