開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/05
 損保ジャパン日本興亜CIO「真のDXにはXX-Ready」浦川常務が明かす攻めと守りの二刀流戦略

デジタル技術を活用した、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みは、あらゆる業界に波及している。それは保険業界も同じだ。中でも、LINEと連携する「LINEほけん」の開発、DeNAと提携した個人間カーシェア会社の設立など、新たな事業分野でもDXに積極的に取り組んでいるのが損保ジャパン日本興亜だ。同社の取締役常務執行役員 浦川伸一氏に、現在推進しているDXとそれを支えるITの課題について、日本アイ・ビー・エム(IBM)の渡辺 公成氏とともに話を聞いた。

損害保険業界は「DX前夜」

──金融・保険業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状についてお聞かせください。

浦川氏:金融機関のゲームチェンジの代表例に銀行業務におけるFintechの進展やカード業界での決済機能の多様化があげられるでしょう。スタートアップ系の企業がどんどん参入して、銀行システムとAPIでつないで便利なサービスを提供する動きが活発です。

 一方、保険業界は、銀行などのように日々お金が動く業界ではないため、そこまで劇的なゲームチェンジといえるような地殻変動は起きていません。それは売上構成からも明らかで、損害保険業界の売上の90%以上は、インターネット経由ではなく代理店などのチャネルからです。

 「メガ損保」といわれる3社(SOMPOホールディングス、東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループホールディングス)の売上がマーケットの8割以上を占める中、3社のシェアは毎年ほとんど変わりません。それだけチャネルが堅牢なのです。インターネットを使ったダイレクト損保のような商品も、ゆるやかに伸びてはいますが、まだ劇的な変化には至っていないのが現状です。

photo
損保ジャパン日本興亜
取締役常務執行役員
浦川 伸一氏

 本来DXとは、最新のデジタル技術を駆使し、戦略やプロダクト、業務フローなどを抜本的に変革し、業界地図を塗り替えるような変革をさすと考えています。これらの変革は、テクノロジー活用に加え、柔軟な経済環境や柔軟に発想できる優秀な人材が揃って初めて進み出すのではないでしょうか。

 しかし、日本の保険業界にはまだまだ障壁も多い中、デジタル技術を駆使したさまざまな取り組みが徐々に進行しつつあるのも事実です。保険の加入や事故発生時の問い合わせ、保険金の支払い等に関しては、デジタルの活用が進み、弊社でも、2018年10月から、LINEを活用した事故受付・対応サービスを開始しています。

 こうした意味では、保険業界、特に損保業界は「DX前夜」だと捉えています。

──前夜ということは、これから起きるDXについては、どう見ていらっしゃるのでしょうか。

この記事の続き >>
・なぜ損保会社がカーシェアや駐車場ビジネスに進出したのか?
・まったく異質なシステム、まったく異質な人材が同居することになる
・DXを推進するため、ユーザー企業は「ITスキルを取り戻すべき」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

マルチベンダーの保守運用管理を容易に

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化

リスクを未然に防ぎ、事業継続を維持

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!