開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/01/08
 サイオス×IBM:すべての企業がIT企業へ。クラウドやOSSに振り回されないためには?

デジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えるとともに、クラウドやオープンソースソフトウェア(OSS)の活用も加速している。しかし、IT人材不足が叫ばれる昨今、複雑化するITインフラの保守・運用のために、多種多様な技術に精通した人材をすべて“自前”で確保・育成するのは難しくなる一方だ。企業は進化を続けるテクノロジーとどう向き合えばよいのか。サイオステクノロジー代表取締役社長の喜多 伸夫氏と執行役員の黒坂 肇氏、日本アイ・ビー・エム(IBM) 執行役員 渡辺 公成氏と理事 谷地 秀信氏に聞いた。

すべての企業が「IT企業」になる時代

──まず、昨今のビジネス環境の変化についてお聞かせください。

喜多伸夫氏(以下、喜多氏):昨今のビジネス環境や顧客のニーズの変化、そしてさまざまなテクノロジーの進展により、いままでできなかったことができるようになり、企業のビジネスモデルが「いや応なしにスピーディーに進化を余儀なくされる時代」に突入しました。DXという言葉が叫ばれそれに取り組む企業が増えていますが、これはある意味「すべての企業がIT企業になっていかなければならない」時代になったといえるでしょう。しかしこの状況はまだほんの入り口にしか過ぎず、今後加速度的に強まっていくものと思われます。

画像
サイオステクノロジー
代表取締役社長
喜多 伸夫氏

渡辺 公成氏(以下、渡辺氏):こうした変化を社会全体にもたらした象徴的なテクノロジーは、やはりスマートフォン(スマホ)やIoT、そしてAIだと思います。誰もがスマホを持ち歩き、あらゆるところにIoTが組み込まれていて、そこから収集されたさまざまなデータがネットを通じてクラウド上にリアルタイムで蓄積されています。それを処理するコンピューターの能力も従来の比ではない。これらの膨大なデータをAIを活用して分析し利活用することで、新たなビジネスや価値が生まれました。まさにディスラプティブ・イノベーションの時代といえます。

 また、従来の枠を超えて、テクノロジーを活用してさまざまな業界、企業が連携・協業するエコシステムも広がりつつあります。「フィンテック(FinTech)」やブロックチェーンなどの技術はその一例で、そこから社会の変化や顧客のニーズにいっそう対応した新たなビジネスを生んでいかなければならないというのが、今、多くの企業が直面している大きな課題です。

 このような変革の流れはあらゆる業界、企業で加速していくことでしょう。業種業態によってもその取り組み方は千差万別ですが、企業が生き残るためには、さらにその先のもっと大きな進化やゲームチェンジを見据え、変化を乗り越えていくことが重要だといえるでしょう。

画像
日本アイ・ビー・エム
グローバル・テクノロジー・サービス事業本部
テクノロジー・サポート・サービス事業統括 執行役員
渡辺 公成氏

ITの役割は“効率化”から“新ビジネスの創出”へ

──こうした進化に対応するために、企業のITに対する取り組みは、どのように変化しているのでしょうか。

この記事の続き >>
・マルチクラウド化とOSS活用の実情
・クラウドやOSSが当たり前になる中で、企業には何が求められる?
・次々に登場するテクノロジーを自社リソースだけでカバーするのは困難
・「コスト最適化」中心のCIOの役割は終わりつつある

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

マルチベンダーの保守運用管理を容易に

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化

リスクを未然に防ぎ、事業継続を維持

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!