開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ソフォス株式会社/ダークトレース・ジャパン株式会社/エムオーテックス株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/04/05
 見極めるべきは「AIの限界」と「人の長所」、セキュリティにおけるAIとの協働とは

サイバーセキュリティ分野では、攻撃側、防御側の双方でAIが活用されるようになっている。果たしてAIによってサイバーセキュリティは強固になっていくのだろうか、それとも大きな被害を招いてしまうのか。情報通信セキュリティの専門家である、国立情報学研究所 サイバーセキュリティ研究開発センターの安藤 類央氏が、さまざまな事例を交えながらAIとの協働について語った。

高度化するAIを、人はどう活用するべきなのか

 最初に安藤氏はカーネギーメロン大学のチームによる「Mayhem」について触れた。MayhemはDARPA(米国防総省高等研究計画局)主催の「自律的なコンピューターウエアによるハッキング大会」で2016年に優勝したソフトウェアだが、AI自身で脆弱性を見つけて対処する能力を持つ。サイバー攻撃が自動化される世界になりつつあるのだ。

「AIにできないことは少なくなっています。最近のビジネス向けSNSや求人サイトでは、AIが企業と求職者をマッチングし、人材の調達を自動化しています。他にも極端な例を挙げると、金融資産の収奪や軍事力の増強も自動化できると言えます」(安藤氏)

 2015年にプロ棋士を破ったAI囲碁ソフト「AlphaGo」の名前を覚えている人も多いのではないだろうか。その後継プログラム「AlphaZero」は、2017年にAIチェスソフトのチャンピオン「Stockfish」に勝利した。AlphaZeroが学習にかけた時間は、わずか4時間にすぎないという。

 安藤氏によるとAlphaZeroは、人間が学習させるのではなく、AI同士で学習するアプローチをとっている。このような、人間を排除して発達するAIが社会に浸透すると、AIをどう開発するかではなく、どう運用・管理するかが問題になってくる。

 安藤氏は、人がAIと協働していくには、「AIの限界」「セキュリティのデータの特徴」「人間の長所」の3点を押さえることが大切だと語る。

この記事の続き >>
・機械は賢くなるほどに制御が難しくなる
・感情や常識がないAIはフェイクニュースを見抜けない
・「人間の長所」を知ることが、AIとの協働のポイント

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!