開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/05/16
 損保ジャパンのDX戦略、「契約判断にAI活用」「Yahoo!との連携」の狙いとは

保険業界全体のDX化が進行する中、SOMPOグループとしてこれまでもDXに取り組んできた損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)は、2021年4月からDX推進部を新設し社内のDXを加速させている。業務プロセスの改善だけでなく、新規事業への取り組みなど、あらゆる課題に直面する中、同社はどのようなDX戦略を推進しているのだろうか。損害保険ジャパンDX推進部長の村上明子氏に話を聞いた(肩書は取材当時の内容)。

損害保険会社が変革すべきワケ

 ここ数年、人口減少や少子高齢化、さらには若者の車離れなどを背景に、車に乗る人の数が減少傾向にある。また、自動車利用の在り方は、車を保有する形だけでなく、カーシェアリングという選択肢が広がるなど多様化している。このように環境が大きく変化する中、自動車の損害保険を主力商品として扱う損害保険会社は、今こそ時代に合わせて提供商品の中身や顧客のサポート体制、さらには自社の業務体制などの変革を検討すべきかもしれない。

 現状、保険会社はどのような取り組みをしているのだろうか。損害保険ジャパンDX推進部長の村上明子氏は、「保険会社においては、変革を進めるためにAIを積極的に活用する動きが広がってきています。保険商品を作るプロセス、販売するプロセス、保険金の支払いのプロセスなど、あらゆる場面でAIが活用されている現状があります」と語る。

 現時点でもすでに多くの領域でAIが活用されているが、今後さらにこの領域が広がっていくのは間違いない。ここからは、村上氏が所属する損保ジャパンにおけるAI活用の事例を解説する。

この記事の続き >>
・損保ジャパンが掲げる5つのDX戦略
・事故車両の損害金額の算出に「AI」を活用するメリット
・損保ジャパンがYahoo!と連携するワケ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!