開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバーセキュリティ対策2022 夏 協賛各社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2022/08/04
 フォレンジックのプロが語る、コロナ禍のSDGs(セキュリティできるだけがんばるッス)

フォレンジックのプロが語る、コロナ禍のSDGs(セキュリティできるだけがんばるッス)

コロナ禍で急場しのぎのリモートワーク環境を構築したことにより、サイバーインシデントの被害が拡大した。今現在も油断はできない状況で、企業は一度セキュリティの基本に立ち返り、全社員のセキュリティレベルを底上げする必要がある。では、具体的にどのようなことを実施すべきか。数々のフォレンジック調査を行ってきたレオンテクノロジーの代表取締役社長 守井 浩司氏に、「誰でもできて」「誰もが実践すべき」セキュリティ対策について聞いた。

リモートワーク下で増加したサイバーインシデント

 コロナ禍でリモートワークが主流になったことにより、特有のサイバーインシデントが多数発生した。主なインシデントは、ビデオ会議ツールの不備や脆弱性を突いた攻撃や、古いVPN機器を侵入経路とするマルウェア被害・サポート詐欺による被害である。攻撃者は、急場しのぎのリモートワーク環境の脆弱性や気の緩みを見逃さない。

 また、コロナ禍には「Emotet(エモテット)」の感染も拡大した。日本国内では2019年秋から爆発的に増加し、2021年1月に一度は鎮静化したものの、11月には再び猛威を振るっている。エモテット自体はコロナ禍以前から流行していたが、リモートワークの影響で対応に遅れが出ているケースが多く、被害が拡大している。

 こうした特徴的なインシデントについて、企業向けのセキュリティ診断やフォレンジック調査(セキュリティインシデントの詳細な調査・分析)を行うレオンテクノロジー代表取締役の守井 浩司氏は次のように指摘する。

「あまり経験したことのないリモートワークという環境で、インシデントが発生した際の対応フローが不十分だったことが要因の1つではないでしょうか。加えて、情報システム部門の目の届かないところで起こるため、相談などのコミュニケーションが取れずに被害が拡大したと考えられます」(守井氏)

 続いて守井氏は、フォレンジックの観点から、2020年、2021年のサイバーインシデントの変化をより具体的に振り返った。

この記事の続き >>
・従来にはなかった事案も…コロナ禍のサイバーインシデントを振り返る
・今後も発生が続くインシデントと、早急に実施すべきセキュリティ対策
・ウイルス対策ソフトだけでは不十分、全社に発信すべき「セキュリティのSDGs」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連コンテンツ

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!