日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/10 掲載

AI活用の「リスク」にどう向き合う? 覚えておきたい「AIガバナンス」構築の手法

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ChatGPTの登場により、新たなステージに入った企業の生成AI活用。活用による新たな可能性や展望が取りざたされる中で、今後、企業が独自のAIモデルを開発、運用していくためには、さまざまなリスクと向き合い、マネジメントしていく「AIガバナンス」の実践が不可欠となる。実効性のあるAIガバナンスの実現に向けてどのように取り組むべきか、リスクコンサルティングの分野で各企業を支援する、KPMG コンサルティング 執行役員 パートナーの熊谷 堅氏に話を聞いた。
photo
適切なAIガバナンスの在り方とは
(Photo / Shutterstock.com)

生成AI活用における「5つの懸念」

 2022年11月、OpenAIから生成AIの「ChatGPT」がリリースされ、誰でも容易に利用できるようになった。登録ユーザーは、公開後5日で100万人、2カ月後にはアクティブユーザーが1億人に到達。さらに、2023年3月にはAPIが公開され、応用アプリが急増するなど、ビジネスに大きなインパクトを及ぼしている。

 国内においても、生成AIの積極的な利用を表明する企業も出てきており、具体的なユースケースや全社的な取り組みを公表しているケースも増えてきた。その一方で、生成AI利用については悩ましさもある。人間の対話口調の文脈、もっともらしい表現や描写は、すべて正しいと思わせるには十分な性能となっており、真偽がわかりにくい。正確性や信頼性には一定の注意が必要であることは認識されているだろう。

 そのほかにもAIには留意すべきいくつかの懸念があり、リスクと言えるだろう。たとえば、「バイアスの存在」だ。生成AIはインターネット上にある大規模なデータを元に学習されており、そのデータが偏っていた場合などは、生成物に何らかのバイアスがかかる可能性は否定できない。生成AIはニューラルネットワークをベースとするモデルで構築されており、AIが答えにたどり着くプロセスは人間が単純に理解できるものではなく、応答の根拠や理由を説明しにくい。

画像
生成AI利用に対する5つの懸念

 また、「データ移転・流出」についても危険性が懸念される。個人情報や企業の機密情報が生成AIに入力され、意図せず外部に流出したり、国外へのデータ移転に繋がってしまう。そのほかにも、生成物が他者の著作物や権利と酷似していた場合の「著作権・知財侵害」の懸念もあり、企業が遵守すべき法規制に抵触してしまうこともあり得るのだ。法に触れないまでも、用途や生成物の公開が、取引先や顧客、社会一般に受け入れられるかという「倫理・社会受容性」の観点も、企業姿勢を問われてしまうため、考慮する必要がある。

 では、こうしたリスクや懸念を踏まえた上で、ビジネスにおける生成AIの活用を進めていくにはどうしたらよいのだろうか。

この記事の続き >>

  • ・AI時代に求められる「ガバナンス」とは
    ・実効性のある「AIガバナンス」の構築
    ・テクノロジーで実現する「AIガバナンス」

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

経営視点で見るAI

失敗しないAI活用

AIが変える顧客体験

AIとの協働を考える

データ × AI の力

ITモダナイゼーション


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます