日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/06/06 掲載

せっかく検討したのに…生成AIプロジェクトが「PoC死」で終わる3つの原因とその対策

記事をお気に入りリストに登録することができます。
生成AIの活用による業務の高度化が期待される一方で、企業が生成AIの導入を検討する際に事前の「PoC」(概念実証)にて成果を出せず、生成AIの導入に至らない──というケースが見られるようになっている。こうしたいわゆる「PoC死」を回避するために、企業はどのような戦略で生成AI活用を進めていくべきなのだろうか? 本記事では、失敗する主な原因を探りながら、押さえるべきポイントとその実践方法について解説する。
photo
生成AI導入をせっかく検討してもPoCで止まってしまうワケ
(Photo/Shutterstock.com)

生成AIのPoCが失敗に終わる本当の理由

 2022年11月にChatGPTが公開されて以来、あらゆる業界において生成AIへの注目度が急速に高まっている。実際、各種調査結果を見ても大多数の企業が「生成AIの導入や活用が必要」という認識を示している。たとえばコールセンターやヘルプデスク業務では、FAQの拡充や問い合わせ対応の高度化に役立つため、生成AIの導入に向けた取り組みを進めている企業は珍しくない。

 ただし現状では、生成AIをうまく業務に取り入れられている企業は少ない。経済産業省などが発行している資料では、最初に範囲を絞ったPoC(Proof of Concept:概念実証)を実施し、成果を示して社内の理解を得てから本格導入を目指す形が有効とされている。しかし、実態はPoCがうまくいかずに「PoC死」と呼ばれる状態に陥るケースが多い。

 なぜ生成AIのPoCがうまくいかないのか? その原因は主に3つにまとめることができる。また逆に、生成AIのPoCをうまく進めるためには、まず2つのポイントを押さえておくべきだ。ここからは、生成AIプロジェクトの「PoC死」を避け、業務に活用するための実践的な方法について探っていく。

この記事の続き >>

  • ・生成AI導入時に「PoC死」が起こる3つの原因
    ・機械学習は「育児」、生成AIは「新入社員教育」
    ・特に生成AI活用が進んでいるのは金融・保険業界と製造業界

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

経営視点で見るAI

失敗しないAI活用

AIが変える顧客体験

AIとの協働を考える

データ × AI の力

ITモダナイゼーション


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます