日本アイ・ビー・エム株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2024/05/16 掲載

「とりあえずAI」は大間違い、今すぐ取り組みたい他社との「差別化戦略」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
生成AIの登場により、多くの企業がAI活用のメリットを見いだし、ビジネスの成長に大きく寄与する方法を模索し始めた。多くの経営者が「この流れに乗り遅れないように」と積極的に導入を進めるが、そのままでは競争優位性が生まれることは難しい。経営のかじを握るトップが理解して初めて、新たな価値創造に役立てられる。AI導入を成功に導く最初の1歩となる「AIの基礎」について解説しよう。
photo
企業は生成AIにどう向き合うべきか
(Photo/Shutterstock.com)

急速に広がるAI、他社とどう差別化?

 近年、生成AIの登場で、AIのビジネス活用が急速に広がっている。多くの企業がAIに向き合い、そのメリットをどう享受すべきかを模索するようになった。今後は、AIの活用状況がビジネスの成長を左右する可能性が高い。

 多くの経営者がAI活用に積極的な姿勢を見せ始めている。生成AIが社会現象ともいえる状況にある現在、「とりあえず使ってみよう。乗り遅れないようにしよう」と考える経営者は多いのではないだろうか。しかし忘れてはいけないのが、AIが社会に浸透すると他社との差別化が難しくなるという点だ。

 現時点でAIに期待する成果は、ビジネスの効率化やコストダウン、顧客体験の向上などが中心だろう。そこからさらに進んだ先にある「新しい価値の創造やビジネス機会の創出」へと活用方法を広げる必要がある。その実現のために、経営者が取るべきアクションとは何か。

 AIをビジネス現場に導入するには、経営者自身が「知識」を持つことが欠かせない。経営のかじを握るトップが理解して初めて新たな価値創造に役立てられるのだ。

 以下の資料では、経営者が押さえたい「AIの基礎知識」について、IBMの日本法人で20年間にわたりAI研究を続けているエキスパートが解説する。さらに、AIが抱えるリスクやガバナンス面での注意点、その対応策も明らかにする。現在起こっている変化の本質を理解した上で、自社が「AI価値創造企業」になるためのヒントをつかんでほしい。

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます

経営視点で見るAI

失敗しないAI活用

AIが変える顧客体験

AIとの協働を考える

データ × AI の力

ITモダナイゼーション

クラウド時代の運用管理

AIが変える金融の世界

AIが変える製造の世界


処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます