ようこそゲストさん

株式会社NTTデータ・ビズインテグラル 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/02 掲載

消耗しない「バックオフィスデジタル化」の進め方、RPAやAIで業務を変える方法

記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在、企業ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速し、その一環としてバックオフィスのデジタル化への関心が高まっている。AIやRPAなど、業務改革に役立つ最新の技術が注目されているが、実際はデジタル化の推進がうまくいかないケースや、取り組んではみたものの効果を発揮できていないケースも多い。本稿では、ERP領域においてデジタル業務変革を成功に導くポイントを解説する。

photo
DX事例にみる業務変革のポイントとは
(Photo/Getty Images)

バックオフィス投資をためらわせるデジタル活用の壁

 2018年9月に経済産業省が発表した「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」では、国内企業におけるデジタル化の遅れが指摘され、このままでは国際的なデジタル競争の敗者になってしまうという警鐘が鳴らされた。それを受け、IT活用に前向きではなかった企業も、DXの重要性を自分事として認識し、DXブームが到来。多くの企業が業務やビジネスのデジタル化に舵を切った。

 さらにその過程で、新型コロナウイルスのパンデミックが発生し、労働環境やビジネス環境が激変し、競争力の維持・強化という本来の目的に加え、短期的な取り組みとしての「デジタル化」についても課題が浮き彫りになった。さまざまな動機から、デジタル化は必須路線になったが、実際にはなかなか進むべき方向や正解を見い出せず、試行錯誤の段階に留まっている企業も多い。

 これはバックオフィス領域においても同様である。もっとも、この領域は国内企業でも一定以上のIT投資はなされてきた。たとえば、ある程度の企業規模であれば、まずERP(統合基幹業務システム)が導入されているだろう。

 ただ今までは、導入がうまくいったかは別として、バックオフィスへERPというITの仕組みを“適用”しさえすればよかった。しかし現在、ERP領域にも、RPAなどデジタル技術活用する企業が増えている。具体的にバックオフィスでは、どのようなデジタル要件が求められているのか。

この記事の続き >>
・ERP導入における最新の要件とデジタル化対応の課題
・プロジェクト成功の鍵を握る「デジタル化構想策定」
・2つの事例にみるバックオフィス業務変革のポイント

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


DX課題を解決するテクノロジー

有識者が語る「DX論」


処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます