ようこそゲストさん

ソフトブレーン株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/30 掲載

既存IT資産に“ちょい足し”で実現できる「営業DX」、なぜ売上アップにつながるのか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
労働人口の減少や働き方改革の推進、さらにはコロナ禍によるライフスタイルの急激な変化などにより、経済活動の効率化が求められる時代となった。こうした中、あらゆる企業がDXによる効率化に取り組んでいるが、事業の一部分に留まるケースは少なくない。特に、営業部門でのDX導入はまだまだ十分とは言えない現状がある。劇的に環境が変化したニューノーマルの時代で、売上を最大化させるためにはどのような営業DXを実現していけば良いのだろうか。

画像
劇的に環境が変化したニューノーマルの時代で、売上を最大化させるためにはどのような営業DXを実現していけば良いのだろうか?
(Photo/Getty Images)

企業の営業部門におけるDXの現状と課題

 コロナショックによって従来の営業活動は大きく変化した。対面営業は減少したほか、イベントや展示会は開催中止となり、営業の新規開拓手段が制限される状況が続いている。今後もその流れが継続することが予想されるため、従来型の営業からDXを駆使し新たな営業スタイルへと転換することが求められている。

 しかし、足元を見ると、国内企業の営業DXは思うように進んでいない。これは、従来の営業の在り方の多くの部分が、個人の能力や経験、勘などに依存していたため、そこからの転換が容易ではないことが理由として挙げられる。

 他方、すでに営業プロセスの効率化を目指し、複数のITツールの導入を進めた企業も多いが、導入したそれぞれのITツールの連携が取れていないために成果につながっていない企業が多いようだ。

 営業DXの成功の鍵を握っているのは、導入した各種ツールを有機的に連携し、適切に活用することにある。そして、「収益性の拡大」や「売上・シェア拡大」といった事業にとって直接的な成果を出すことを営業DXの目標として設定することが重要になる。それでは、具体的にどのような営業DXの進め方が考えられるだろうか。

この記事の続き >>
・多くの企業が抱える「ITバラバラ問題」とは?
・コロナ禍で営業の新規開拓を強化する方法
・攻めの営業を実現するワンチーム型組織営業とは?

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ


DX課題を解決するテクノロジー

有識者が語る「DX論」


処理に失敗しました

人気のタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます