開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイボウズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/04/13

導入事例

ホワイトペーパー
ハウス食品(中国)投資社 事例:カレーライスを中国に根付かせるための組織作りとは
ハウス食品(中国)投資社は、「カレーライスを人民食に」という目標のもと、日本式カレーライスの文化を中国で普及させている企業だ。日本では国民食とも言えるほど広く普及しているカレーライスだが、ハウス食品が進出する前の中国では、カレーライスを食べる文化がなかった。そのため、カテゴリーとして確立されていないカレーライスの市場を、自らの手で作り出している。カレーライスの普及サイクルを回すため、各地の営業社員は、企業・工場・学校食堂やレストランなどの業務用チャネルと、スーパーマーケットなどでの取り扱いを促進する家庭用チャネルを両輪に据え、市場開拓に励んでいる。中国市場を開拓するため求められる情報共有の仕組みとはどのようなものか。本資料では、ハウス食品(中国)投資社の董事長(日本でいう代表取締役) 野村孝志氏にお聞きしている。
ページ数:7ページ
<目次>
  1. 中国式カレーライスを中国で根付かせるために
  2. 中国市場を開拓するため求められる情報共有の仕組み
  3. 積極的にノウハウを共有する組織に変化
  4. 社員と組織の成長を支えたい

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!