開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/04/14

技術文書

ホワイトペーパー
2019年サイバー攻撃の手口から読み解く、企業が知っておくべきセキュリティ対策まとめ
2019年のサイバーセキュリティの脅威において顕著だったのが、旧来からの脅威が新たな方法で使用されたことである。具体的な傾向としては、製造業のオペレーショナル・テクノロジー(OT)を標的とした攻撃が急増した。また、その攻撃手口の多くはランサムウェアによるものだった。2020年にはこれらの傾向がさらに強まることが予測される。以下の資料では、2019年の最も顕著な脅威の動向をまとめ、それらの分析によって得られた傾向から2020年の脅威を予測。業種別の傾向などを踏まえて、各企業はどのように脅威に備えるべきかを解説する。
ページ数:49ページ
目次(一部抜粋)
●標的および攻撃手口
●マルウェアの傾向
●スパムとフィッシングの傾向
●最も頻繁に攻撃対象になった業界
●地域的に見た洞察
●2020年レジリエンスへの備え
●知っておくべきセキュリティの脅威

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!